キャッシュカードクレジットカードの暗証番号は他人に悟られるようなものにしてはいけないことは常識だが、シンガポールではATMに置き忘れてあったデビットカードの暗証番号を偶然にも見破り、まんまと現金を引き出した男がいた。男は運試しのつもりだったようだが、刑務所行きを命じられてしまったという。『TODAYonline』『RedChili21 MY』などが伝えている。

シンガポールで今月18日に行われた裁判で、ATMに置き忘れてあったデビットカードを不正利用し現金を引き出したとして、ヤップ・イサン(Yap Yi San、39)が有罪判決を下された。

ヤップは4月2日午後7時50分頃、トアパヨ(Toa Payoh)にあるATMを訪れた際に機械からビープ音が鳴っていたことで、カードの差し込み口にデビットカードがあることに気づいた。ヤップはそのカードをポケットに入れ、自分のカードで現金を引き出した後にその場を離れた。

ヤップはカードを警察に届けることなく別の場所にあるATMに移動し、デビットカードを取り出して運試しに暗証番号を入力してみることにした。はじめに「000000」と入力したがうまくいかず、次に「999999」と入力してみたものの、やはりうまくいかなかった。

そして3回目に「888888」と入力したところ照合され、1万8000シンガポール・ドル(約140万円)の残高が表示された。ヤップは自分の後ろに長蛇の列ができていたため、とりあえず2000シンガポール・ドル(約15万5000円)を引き出してその場を後にした。その後、ヤップは深夜0時から約10分間で3回に分けて出金し、合計8000シンガポール・ドル(約62万2000円)の現金を手に入れた。

しかしその頃、デビットカードの所有者であるゴウ・ヘンヨンさん(Goh Heng Yong、46)がオンライン上で自分の口座から現金が引き出されていることを確認して警察に通報しており、ほどなくしてヤップは逮捕された。

ヤップは裁判の場で「自分はラッキーな人間だと思っていたが、自分がやったことで刑務所に入ることになるとは思ってもみなかった」と話したという。ヤップは盗難と銀行カードの不正流用の罪で有罪となり、9週間の懲役刑を言い渡された。

ちなみに「8」は中国や一部アジア地域の人々にとって、金運アップに繋がる縁起の良い数字とされている。そのため中国の一部の銀行では、不正出金を防ぐため暗証番号に「888888」の使用を禁止しているとのことだ。

画像は『TODAYonline 2020年11月18日付「Jail for man who correctly guessed ‘888888’ PIN for found bank card and stole S$8,000」(Ili Nadhirah Mansor/TODAY)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト