甲状腺の病気を抱え、肥満でほとんど歩くことができなくなって捨てられたオスのビーグル犬(7)が、新しい飼い主の元で約23キロのダイエットに成功した。このビーグル犬の1年半の減量の様子が『Good Morning America』『ABC News』などで伝えられ、その変身ぶりに注目が集まっている。

昨年5月、米アリゾナフェニックスの動物保護施設「アリゾナビーグル・レスキュー」で保護され、同市在住のエリン・マクマナスさん(Erin McManus)とチャド・シャッツさん(Chad Schatz)夫妻に引き取られたビーグル犬“ウルフギャング(Wolfgang)”が、1年半で約40キロ(90ポンド)から約17キロ(39ポンド)への減量に成功した。

昨年12月にも“ダイエットに励むビーグル犬”としてメディアに取り上げられたウルフギャングだが、その後もダイエットは継続、今年8月の体重はダイエット開始時の半分の約20キロにまで減っていた。

そんなウルフギャングのダイエットの様子はエリンさんによって頻繁にInstagramに投稿されており、1年半前の肉塊のような身体が少しずつ引き締まっていく様子が手に取るように分かる。特に顕著なのはその胴回りで、1年1か月の間に106.7センチ(42インチ)から76.2センチ(30インチ)と30センチ以上も細くなっている。

ウルフギャングのダイエットの基本は1日600キロカロリーの食事と運動で、食事はターキーと野菜をメインにし、運動は朝と夕方の散歩と定期的なトレッドミル、そして家にいる他の2頭の犬と一緒に遊ぶことで無理のないように取り入れているそうだ。

ただダイエットを開始した当初は、オスのビーグル犬の平均体重の3倍以上もあったウルフギャング。エリンさんは「実は最初にウルフギャングを散歩に連れて行った時は、600メートルを歩くのがやっとでした」と明かすと、1年半もダイエットが続いていることについて次のように語った。

「以前は足を前に進めることさえやっとだったウルフギャングが、今では毎日最低1.6キロは歩きます。ウルフギャングの素晴らしいところはやる気があることで、自分から『もっと歩きたい』と意思表示をしてくるのです。ここまでやってこられたのは、ウルフギャングが決して諦めなかったからで、私たちもそんなウルフギャングに元気づけられてきたのです。」

なお、ウルフギャングはクリスマスまでにあと2キロ減量し、最終的にはビーグル犬の標準体重の11キロを目指しているそうで、エリンさんは「何を始めるにも遅すぎるということはありません。ウルフギャングが目標を達成するまでは、私たちも諦めず頑張るつもりです」と述べている。

ちなみにウルフギャングは今月14日に7歳の誕生日を迎え、6万人を超えるフォロワーがいるInstagramには大好きなおもちゃをくわえてトレッドミルに励む様子が投稿されており、「おめでとう! これからも素敵な写真を楽しみにしているよ」「目標までもうすぐだね。頑張って!」「前向きで愛がいっぱい! 大好きだよ」「本当に頑張ったね」といった温かいコメントが寄せられている。

画像は『Wolfgang 2020年9月22日InstagramTail Update」、2019年6月15日Instagram「Have a good weekend !!!」、2020年1月6日InstagramMotivation Monday and Happy Three Kings Day」、2020年6月25日Instagram「I asked Mom to take my measurements and I couldn’t believe it when she said I was 30 inches round !」、2020年8月14日InstagramFocusing on the positive does not mean that I just ignore the negative.」、2020年11月14日InstagramHappy Birthday …… to ME !」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト