ビートたけし・北野武

28日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にビートたけしが出演。新型コロナウイルスの国内の対策や開発中であるワクチンについて言及した。


■今週も新規感染者が急増

番組の冒頭から新型コロナの新規感染者が増え続けていることを報道。同日の全国新規感染者は2,683人と記録を更新する結果となっている。

新規感染者が増えていくのと同時に重症化する患者も増加傾向にあり、医療のひっ迫が心配されている。


関連記事:米ファイザーの新型コロナワクチン、9割以上に効果確認 期待の声相次ぐ

■飲食店の営業短縮要請も

広がり続ける第3波の対策として、飲食店に対して営業時間短縮の要請が出たことについて、たけしは「別にやってても怒られないんだ。要請だから聞かなくてもいいんだよね。強制力がない」と言及。

進行の安住紳一郎アナは「PCR検査を拒否する人に対して5万円の罰金を課すという案が審査されているようです」とフォロー。

■コロナのワクチンに「怖い」

開発の進むワクチンの話題になるとたけしは「普通のワクチンなんて何年もかかるはずなのに、ものすごい急いで開発するから怖いよね」と副作用への恐ろしさに触れた。

開発段階では安全とされているが、実用化されて様々な人がワクチンを打つとどうなるかはわからない。


■「すぐ摂取したい」は4人に1人

開発が急がれるワクチンに対し、恐怖もあるとしたたけしだが、世間の人はどう考えているだろうか。

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の26.3%が「新型コロナワクチンが完成した場合、すぐに接種したい」と回答した。

新型コロナのワクチンが完成した場合、すぐに接種したいグラフ

いざワクチンが完成してもすぐに摂取したいと考えている人はかなり少ないようだ。ワクチンに対する信頼がないとその意義は薄くなる。無理をして早く開発するより、信頼を得て普及させる方が有意義なのかもしれない。

・合わせて読みたい→宮根誠司、パックンが経験した臨床実験の報酬額を聞き思わず絶句

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年9月18日2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

ビートたけし、新型コロナのワクチンに不安 「急いで開発するから怖い」