11月22日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、河田陽菜の名演技にスタジオが感動に包まれる場面があった。

【写真を見る】バースデーケーキに笑顔の富田鈴花

「大女優へのあゆみ 今こそ演技力を磨きましょう!」と題した企画の後半戦となった今回。

その「Lesson3」では、「ノーリアクション芝居」に挑戦した。台本に書かれていない出来事が所々で発生するとのことで、いかに動じることなくノーリアクションで芝居ができるかが試された。

ピンクベスト殺人事件」という設定の下、河田は新人刑事を演じた。

■警部を守りたかった

事件現場で逆上した犯人役の女性が突然、河田刑事と先輩刑事に銃を向けた。すると河田刑事は先輩の前に立ちはだかり「早まらないでください(笑)」と、犯人を説得した。

「一人殺そうが二人殺そうがおんなじなのよ!」とヒートアップする犯人に、河田刑事は「変わります!変わります!変わります!」と、なおも説得。

だが説得もむなしく犯人は発砲。先輩の盾になった河田刑事はその場に倒れ込んでしまった。「何で避けなかったんだ」と先輩が呼び掛けると、瀕死の河田刑事は「警部を守りたかったんです…」と言葉を絞り出した。

「最後に一言、言い残したことはないのか?」と先輩から求められた河田刑事は「ありがとうございました~」と絶命した。

■感動的なドラマ

河田の熱演で盛り上がるメンバーをよそに、富田は感極まった表情を見せた。若林正恭から「富田さん、感動しましたか?」と話を振られた富田は「ひなあいでこんなに感動的なドラマが見れると思ってなかったので…陽菜が『人を守ろう』っていう気持ちが…本当に…すごい…本当に感動しました」と涙ながらにコメント

そんな富田に影響された河田本人も、目に涙をいっぱい浮かべ感動している様子。若林は「この空気で合ってるんですよね?いいんですよね?」と、いつもとは違うスタジオの空気に戸惑いの表情をのぞかせていた。

視聴者からは「感動超大作」「いい子たちや~」「河田陽菜ちゃん可愛すぎるよ」「俺が守ってあげたい」「KAWADAさんトレンド入り」など、多くの注目を集めていた。

「日向坂で会いましょう」、次回の放送は11月29日(日)深夜。「外仕事マスター 出演オファーゲットだぜ!メンバーポテンシャルを解放させよう!」をオンエア予定。

日向坂46河田陽菜の演技に注目が集まった/2019年ザテレビジョン撮影