数あるスポーツの中でも「モータースポーツ」が飛び抜けて多い! 「有名人」がチームをもつワケ

モータースポーツに対する情熱からスタートする人が多い

 モータースポーツシーンでは国内外ともに芸能人やスポーツ選手など著名人のオーナーチームが活躍している。

 具体的にはアメリカの俳優、ポール・ニューマンがレーシングドライバーカール・ハースと1982年に立ち上げた「ニューマン・ハース・レース」がアメリカインディカーシリーズで活躍するほか、2016年には香港出身の俳優、ジャッキー・チェンがレーシングドライバーデビッドチャンと「ジャッキー・チェンDCレーシング」を設立し、WECのLMP2クラスで猛威を発揮。さらに、NBAスーパースターマイケル・ジョーダンもレーシングドライバーのデニー・ハムリンと新チームを結成し、2021年ナスカーに参戦することを発表している。

 国内に目を向ければご存知のとおり、俳優かつ歌手の近藤真彦2000年に「KONDO RACING」を立ち上げて、現在、スーパーフォーミュラスーパーGTで活躍するほか、俳優の哀川翔が2010年に「TEAM SHOW」を結成し、全日本ラリー選手権にチャレンジ。さらに二輪レースに目を向けると俳優の岩城滉一が「チームイワキ」を設立して、全日本ロードレース選手権に参戦している。

なぜ著名人はモータースポーツに参戦するのか

 さらに監督ということだけを見れば、俳優の舘ひろしが「ナビコネクション・レーシングチーム」の監督としてフォーミュラ・ニッポンに参戦したほか、同じく俳優の神田正輝が「TEAM KANDA」の監督として全日本ラリー選手権に参戦。さらに近年は元プロ野球選手佐々木主浩が「D’Station Racing」の監督としてスーパーGTに参戦するなど枚挙にいとまがない。

 彼らはなぜ、チームを結成してまでモータースポーツに参戦しているのか?

 その理由についてはさまざまだと思うが、少なくともチームを設立したオーナーのなかには、モータースポーツ参戦の理由として「節税が行える」あるいは「スポンサーの獲得で事業拡大できる」という気持ちを持っている人も少なくはないだろう。

 自社チームを設立・運営するためには多くの予算を必要とすることから、事業化していれば経費として計上できるほか、知名度を生かして営業活動を行えば事業として拡大可能である。それゆえに、チームの活動にはビジネス的にクールな視点も持っていると思うが、その一方で、自社チームを設立して各カテゴリーに参戦している最大の理由としては、やはり、モータースポーツ、そしてクルマが好き……ということが前提にあるだろう。

なぜ著名人はモータースポーツに参戦するのか

 ポール・ニューマンル・マン24時間レース近藤真彦全日本GT選手権や全日本F3000選手権に参戦した経験を持つほか、哀川翔もWRCラリージャパンアジアクロスカントリーラリーに参戦するなど、多くのオーナー監督がドライバーとしての経験を持つが、これもモータースポーツに対する情熱からスタートしている。

なぜ著名人はモータースポーツに参戦するのか

 さらにジャッキー・チェンマイケル・ジョーダンなどもさまざまなスーパーカーを所有するクルマの愛好家で、おそらく、好きが講じて自社チームを設立……というのが本当の理由だろう。

 著名人のチームということで注目を集めがちだが、その中身はほかのレーシングチームと変わらず、勝利を目指して常に全力を注いでいるのである。

なぜ著名人はモータースポーツに参戦するのか

なぜ著名人はモータースポーツに参戦するのか

数あるスポーツの中でも「モータースポーツ」が飛び抜けて多い! 「有名人」がチームをもつワケ