(C)NeonShot / Shutterstock 

アメリカの映画興行収入を発表する〝全米ボックスオフィスランキング〟。先日発表された11月の第2週分に、なんと日本のアニメ映画劇場版Fate / stay night [Heaven’s FeelIII.spring song」』がランクインした。全米ランキングに、日本アニメが登場するだけでも驚きだが、それが『Fateシリーズということもあり、ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。

【関連】「鬼滅の前から人気だっつうの!」声優特集の『しゃべくり』にアニメファン激怒! ほか

今回のランキング11月13日から11月15日分を集計したもの。ランクインしたのは『Fate / stay night』の「Heaven’s Feel」というルートを、3部作でシリーズ映画化した〝最終章〟にあたる作品。アメリカでの興行収入は20万ドル(約2100万円)で、クリストファー・ノーランの『TENET テネット』や、注目作『The Last Vermeer』に続いて、堂々10位にランクインしたのだった。

映画『Fate』が“全米”ランキングで10位に! 異例の事態にファン騒然

『Fate』ランクインにオタク歓喜!?

予想外の結果に、『Fateファンたちも驚きを隠せない模様。ネット上には、

《海外での公開自体が意外な感じだ…》
《海外展開してたんだなこれ》
アメリカ人でもこういう主人公に共感できるのかね》
《何気にジブリや鬼滅より凄い件》
コロナで新作のない北米アニメ業界に押して入る姿が容易に想像つく》
《北米ボックスオフィスで10位に入るなんて、ポケモンとかほんの一握りしかない現象。たとえ特殊状況でも一度歴史に名を残してしまえば、勝ちみたいな感じ》
《『Fate』で10位とるの!? それだけ新作やってないんだろうけど、アメリカキッズ向けでないアニメ市場なんかないし、邦画だし。これはなんというかスゴいな!》

などの声が続出している。

「これまで、特に『Fateシリーズアメリカブームになっているという情報は入ってきてません。恐らく現在のコロナ禍が、ランクインに大きく影響したと思われます。現在アメリカでは、コロナ禍によってさまざまな規制が強まり、11月の第2週にオープンした映画館は全体の約半数となる2800館だったそう。『映画界を救う』と期待され、劇場での公開にこだわったノーランのビッグジェット映画『TENET』は、ニューヨークロサンゼルスの劇場が営業していなかったこともあり、記録的大ヒットとまでは至らず…。必然的に公開されている映画の本数も少ないので、『Fate』がランクインしたのでしょう」(映画ライター

2021年には、アメリカでも『劇場版鬼滅の刃無限列車編』が公開予定。『Fate』と同じく、アニメーション制作をufotableが手掛けているが、ヒットを記録することはできるのだろうか。

【画像】

NeonShot / Shutterstock