「ガルウイング」は序の口? 「バタフライ」「顔面ドア」など不思議なドアをもつ衝撃のクルマたち

ガルウイングから驚きの「顔面」開閉式まで! 個性的ドア車

 通常、クルマのドアは前方にヒンジがあり、後方から橫に開くタイプが一般的。だが、中にはちょっと変わった開き方をするドアを採用した市販車も存在する。スーパーパーカーなどに多いガルウイングドアがその代表格だが、ほかにも様々な個性的な開閉方式を採用し、実際に公道を走っていたクルマが意外とある。ここでは、そんなちょっと変わったドアを持つ異色の市販車たちを紹介しよう。

ガルウイングの元祖は300SL

 スーパーカーなどに採用されることで有名なガルウイングドアだが、そもそもの元祖は1954年に発売されたメルセデス・ベンツの「300SL」。高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

 SLクラスの初代にあたり、世界初のガソリン直噴エンジンを搭載したこの2シーター・クーペには、車体の外側上方に向かって左右のドアが開く方式を採用。その開いた時のフォルムが、翼を広げて飛ぶカモメに似ていることから、「Gull Wing door(カモメの翼)」といった愛称が付けられたのだ。

ルーフにヒンジを付けた跳ね上げ式のこのタイプは、デザイン的にも画期的だったが、採用された理由は意外にも実用面だったという。高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

「公道版レーシングカー」として開発された300SLは、軽量化と高剛性を実現するために、まるでジャングルジムのように小径の鋼管を組み合わせたマルチチューブラーフレームを採用。その構造上、どうしてもサイドシル(ドアの下に位置する敷居部分)が高くなりすぎて、通常のドアでは乗り降りに相当の苦労を擁する。そこで、ドアを上方に跳ね上げる方式にすることで、高いサイドシルをまたぐ様に乗り降りする仕様にしたのだ。

 ルーフ強度などの問題で、今では採用するモデルはほとんどないが、当時としてはかなり斬新だった300SLのガルウイングドア。後に映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で活躍した「デロリアンDMC-12」などにも採用されるなど、一時はレーシーでかっこいいドアの代名詞として一世を風靡した。

ランボルギーニ方式はシザースドア

 跳ね上げ式ドアの中では、今やベンツのガルウイングドアより有名なのがランボルギーニが採用する斜め上方に開くタイプだ。高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

 日本では、この方式もガルウイングと呼ぶが、欧米などではランボルギーニ方式という意味で「ランボドア」とか、「シザースドア」とも呼ばれる。シザース(Scissors)は英語でハサミのこと。ドア前部にヒンジがあり、その開き方がまるでハサミのようなので、そう呼ばれているのだ。

 シザースドアを最初に採用したのは、1974年デビューした「カウンタック」。その後、「ディアブロ」(1990年発売)や「ムルシエラゴ」(2001年発売)、「アヴェンタドール」(2011年発売)など、V型12気筒を搭載したランボルギーニスーパーカーには、伝統的にこの開閉方式が採用されてきた。高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

 こういった長い歴史を持つことからも、「スーパーカーシザースドア」といった方程式ができあがったのだろう。現在では、アフターマーケットで普通のドアをシザースドアに変更するキットが販売されるなど、いまだに多くの人々が憧れる存在となっている。

テスラ製SUVには変形ガルウイングを採用

 米テスラ社が販売するSUVタイプのEV(電気自動車)「モデルX」には、後部座席のドアに「ファルコンウイングドア」と名付けられたガルウイングドアを採用している。

 3列シート仕様なら最大7人が乗れるこの大型SUVの後部ドアには、ダブルヒンジ方式により、ルーフの中央部を残し左右が中折れして上方へ上がる独自機構を採用。これは、2列目と3列目のシートへの乗り降りを考慮したものだ。高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

 3列シート仕様の大型SUVで最後部席へアクセスする場合、通常は橫開きの後部ドアから身をかがめるようにして乗り降りする必要がある。だが、モデルXでは後部ドアが上方に開き、開口部も大きいため、窮屈な姿勢で乗り降りしなくても大丈夫なのだ。

 また、他車のガルウイングドアと比べ、開く際に橫のスペースを取らないため、狭い駐車スペースでも開閉が可能。各ドアにはセンサーが装備されおり、周囲の状況を監視しながらスムーズに開閉するというのも、今ドキのクルマならではだ。

 ちなみに、モデルXの前ドアは、通常の橫開きタイプだが、ドライバーが車両に近づくと自動で開く機構を採用。さらに、運転席に乗り込んでブレーキペダルを踏むと自動で閉じることができるなど、最新技術による様々な便利機能が付いている。

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

高級車から軽自動車まで自動車のドアとしては珍しい開閉タイプだった市販車

「ガルウイング」は序の口? 「バタフライ」「顔面ドア」など不思議なドアをもつ衝撃のクルマたち