「結婚を認める」の言外にあるもの

「秋篠宮さまはあくまでも“建前論”を述べられただけなのではないでしょうか。言葉の上では長女・眞子さま小室圭さんの『結婚を認める』とはおっしゃっていますが、言外には『反対に決まっている』と突き放している印象を受けました」

 皇室担当記者はこう語る。秋篠宮さまは11月30日誕生日に先立ち、同20日に記者会見に臨まれた。

「この中で秋篠宮さまは、秋篠宮家をお支えする皇嗣職大夫が眞子さまお気持ちを発表された際に秋篠宮ご夫妻が『お二人のお気持ちを尊重された』と説明したことについて、具体的にどういうことかを尋ねられ、『それは結婚することを認めるということです』とキッパリと述べられました。

 最初はあまりにも率直なご発言にびっくりしましたが、これに続けて『憲法にも結婚は両性の合意のみに基いてというのがあります』と語られました。つまり、法に則れば娘の結婚自体には親も反対はできないと説明したわけです。

結婚は法律上、止められないが、婚約は認めない

 言い方を変えれば、納得したから認めるわけではないとおっしゃったのです。秋篠宮さまが2018年11月誕生日会見で『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません』と述べられたことについても今回、『決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と指摘されています。

 その上で『特に結婚と婚約は違います』とおっしゃっています。結婚は法律上、止められないが、婚約は認めないと述べられたわけです。全く納得なさっていないことを示唆されたのです」(同前)

 確かに秋篠宮さまが述べられた憲法の「両性の合意のみに基いて」という一節は建前と捉えられても仕方がないだろう。法律の条文ではそうなっていても、一般の家庭では親が子供の結婚に反対することはよくある話だからだ。

「借金ではなく譲渡だ」の理屈付けは“薄情”

「そもそも問題の発端は小室さんの母・佳代さんが元婚約者から生活費や小室さんの学費、留学費などの援助を受けていながら、資金の返還を求められると、借金ではなく譲渡だと突っぱね続けてきたことにあります。元婚約者はもう諦めの境地にあるのかもしれませんが、ご本人が諦めても、この経緯を“薄情”なものと受け止めている国民は少なくありません。だからこそ、秋篠宮さまは『多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と述べられたのでしょう。

 秋篠宮さまは会見の中で、『私自身はやはり約30年間、秋篠宮という一つの独立した宮家が続いており、それに対しては非常に愛着を持っています』とも述べられています。婚約に当たる納采の儀ができないということはつまり、その愛着ある秋篠宮家と小室家が親戚付き合いすることは、国民の合意がなければできないという意味にも受け取れるのです。

 眞子さまと小室さんの結婚は法律上の権利だから、駆け落ち同然に結婚したとしても容認はするが、秋篠宮家は小室家との親戚としての交流・交際はできないという意志表示というわけです。要するに秋篠宮さまご自身は、ご結婚に反対であることに何ら変わりがないのです」(同前)

お二人の現在の「距離」を表す1枚の写真

 今回、誕生日に当たって宮内庁が公表した秋篠宮家の家族写真の中に、眞子さまと秋篠宮さまが並ばれて写ったものがある。この写真のお二人の“距離感”に、やはり拭いきれない意見の食い違いのようなものが表れているようにも見える。

3つ目の宿題は「対応が見える形になること」

「ただ、秋篠宮さまは2018年誕生日会見で『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況』になるために、小室家に『相応の対応をするべき』だと述べられていましたが、その点について、今回の記者会見で少し気になる発言もされています。秋篠宮さまは相応の対応について『対応を全くしていないかと言えばそんなことはないと思います。(中略)いろいろな対応をしているとしてもですね、やはりそれが見える形になるというのは必要なことではないかなあというふうに思っております』と述べられたのです。

 詳しいことは分かりませんが、眞子さまと秋篠宮さまが話し合いを持つ中で、小室家が何らかのアプローチを元婚約者側にしている事実が判明したと示唆しているようにも感じました。秋篠宮さまは会見で『長女の結婚について反対する人もいますし、賛成する人もいますし、全く関心の無い人もいるでしょう』とも語られています。

 仮に反対意見があっても、相応の対応をしていることを国民に見える形で示して、少しでも多くの人に納得してもらえれば、婚約を認めてもいいと助け船を出されたのかもしれません。2018年の会見の『相応の対応』、2019年の『何らかの発表』に続く、3つ目の宿題といえます。何だかんだおっしゃっても、親心だなと思いました」(同前)

「1億5250万円の一時金」満額支給の可能性

 上皇陛下の長女で天皇陛下の実妹・黒田清子さんが結婚した際は1億5250万円の一時金が支払われた。当時の現帝の娘に当たる内親王だったため、一時金は満額が支給された。故三笠宮さまの長女・近衞甯子(やすこ)さんと次女・千容子(まさこ)さんには満額から1割減の金額が支給された。先帝の孫の内親王だったためだ。

 このため平成期には眞子さまには1割減の1億3725万円が支払われるとみられていたが、生前退位が実現したことで、次期天皇の娘または姉となることから、満額支給の可能性も取りざたされている。

眞子さまは「皇女」として国家公務員に!?

「国民の血税を原資とするこの巨額の一時金が、国民の多くがご結婚に否定的な反応を示す要因となっています。菅義偉首相は女性宮家の創設は見送って、女性皇族は結婚後、『皇女』と呼ばれる特別職の国家公務員として、皇室のご公務を支える制度設計を構築しようとしていると言われています。国家公務員となれば、やはり血税から手当が支給されることとなります。

 眞子さまは『お金は要りません』と述べられているとも噂されていますが、制度上、一時金の辞退はそう簡単なことではありません。やはり眞子さまと小室さんは、小室家が何らかの誠意を見せることで、秋篠宮ご夫妻にご婚約も認めていただくという形を希求する必要があるのではないでしょうか」(同前)

 眞子さまの「完全勝利宣言」から1週間後に明かされた秋篠宮さまのご本心。秋篠宮さまが最後に示された親心に、眞子さまは応えられるおつもりはあるのだろうか。

(朝霞 保人/Webオリジナル(特集班))

眞子さまは「この結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております」とお気持ちを公表された ©共同通信社