イギリスワイト島には、げっ歯類の一種である野生のヨーロッパヤマネhazel dormouse、以下ヤマネ)が見られる。同じ種子や果物を食べるハイイロリスがいないことやヘッジロウ(低木で作られた垣根)が多いことから数多く生息しているが、このほど自宅の庭にセットしていた鳥用の給餌器の中でぷっくりと太ったヤマネが閉じ込められているのを住民が発見した。その姿がSNSで拡散されると「長いロックダウン後の姿だ」など驚きのコメントが相次いだという。『The Sun』などが伝えている。

ワイトヴェントナー在住の元銀行員シェリルヒューインズさん(Cheryl Hewins、72)は、鳥が自由にエサを食べることができる給餌器を自宅の庭にセットしていた。今月17日午後、シェリルさんがエサの減り具合を見に行くと、ヨーロッパヤマネが給餌器の中に入り込みエサの上に座っていたのだ。シェリルさんは発見した時のことを「本当に驚きましたよ。このヤマネは一晩中そこにいてエサを食べてしまい、太って出れなくなってしまったんだろうね」と明かしている。

シェリルさんが仕掛けていた給餌器はシリンダー状になっており、側面に空いた小さな穴に鳥が口ばしを差し込み、種子などが交ざったエサをついばむようになっている。ヤマネはこの小さな穴に体をねじ込んで中に侵入したようだ。

夜行性のヤマネは元気な夜のうちにたくさんのエサを食べたようで、冬眠に向けてたっぷり蓄えると身体は丸々と大きくなり、脱出不可能となってしまった。また夜が明けて、眠そうなヤマネの姿も捉えられている。ハンプシャー州でヤマネの保護活動を行う団体「Hampshire Dormouse Group」は冬眠に備えエサを食べて40グラムまで大きくなったヤマネを過去に記録しており、これは通常時の倍の大きさになるという。

ヤマネを発見したシェリルさんは、Hampshire Dormouse Groupアドバイスをもらうために連絡した。同団体からは「ゆっくりと給餌器からヤマネを取り出し、ヘッジロウがあるところへかえしてあげて下さい」と返信があり、無事にヤマネを救出できたそうだ。

これらのヤマネの写真は、絶滅危惧の野生動物などの救済にあたる慈善団体「People’s Trust for Endangered Species」がTwitterで今月18日、「今までたくさんの野生のヤマネを見てきましたが、こんな状態のヤマネは見たことがありません! 冬眠を乗り越えられるのは間違いないでしょう」と記して投稿した。

ユーザー達からは「こんなことって起きるの!?」「必要なものがそこにあるなら動く必要は無いもんな」「長いロックダウン後の姿ってことか。気持ちはよく分かるよ」など、驚きとヤマネの行動への共感の声が相次いだ。

画像は『The Sun 2020年11月20日付「FAT’S IT I’M STUCK Greedy dormouse ate so many seeds in a bird feeder it got too fat to get out」』『People’s Trust for Endangered Species 2020年11月18日Twitter「We’ve seen dormice curled up in some peculiar places but we’ve never seen this!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト