ヒュー・グラント(60歳)は、自身の態度が悪くなってきていたことから、俳優業を離れることにしたという。2007年作「ラブソングができるまで」の後に一時的に活動休止を決めたヒューは、その頃から主演の仕事が回ってこなくなってきていたことも認めている。

ヒューはロサンゼルスタイムズ紙上でこう当時を振り返っている。

2005年以降、僕の態度が悪くなってきていたんだ。『ラブソングができるまで』のすぐ後かな。もう沢山だった。そして2009年に復帰してまた1本映画を作った」
「その時点では、僕がハリウッドを見限ったのではなく、ハリウッドが僕を見限ったんだ。サラ・ジェシカパーカーと共演した映画(『噂のモーガン夫妻』)で完全にコケたからね」
「僕がそれを希望したにせよ、しないにせよ、その後、僕は一晩で高給取りの主演俳優ではなくなった。少し恥ずかしかったけど、そのおかげで他のことをする時間が出来たんだ」

そんなヒューは、HBOの新作ドラマ「ジ・アンドゥーイング」でニコールキッドマンと夫婦役を演じており、以前、子供達から逃れるため同役を受けたと冗談を飛ばしていた。

「僕の幼い子供達から逃れるためにこの仕事を受けた部分もある。この歳では疲れるからね」
「一休みできるのは素晴らしいだろうと想像していたんだけど、ニューヨークに到着する度に、子供達に会いたくてどうしようもなくなったんだ。どのシーンでも、突然僕にとっては涙のシーンとなってしまった。カフェに行ってコーヒーを注文するだけでも涙が流れてくるほどだったよ」
「キャリアを通して、1つの感情ですらうまく表現できなかったのに、歳をとってきたらそれを止めることができない」
「子供や愛、僕の妻か何かに関係しているんだろうね。でもそれをコントロールすることができないんだ」