セレーナ・ゴメスの腎臓移植をネタにした番組「セイヴド・バイ・ザ・ベル」が謝罪した。セレーナへの腎臓提供者であるフランシア・ライサ(32歳)は、同番組のプロデューサー陣から謝罪を受けたと明かしている。

全身性エリテマトーデスの合併症により腎臓移植が必要となったセレーナの腎臓提供者について、2人の登場人物が言い争うというシーンのあった先日の放送回以降、ネットでは不適切であるとの非難の声が上がっていた。これを受け、フランシスは謝罪を受けたことを発表、しかし、そのギャグが他の提供者も傷つけたのではないかとの懸念を表している。

インスタグラムストーリーフランシアはこう語る。

キャストの一部とプロデューサーから、個人的に謝りの連絡をいただいた。それには本当に感謝してる」
「でも、局側からの公の謝罪コメントには、この件で他のドナーが傷ついたかもしれないという点にも触れるべきだったと思う。私だけの話ではなく、提供者の絶大な役割を認識することが大切だから」

問題となったエピソードでは、セレーナに腎臓を提供したのが誰かという件について、1人が「セレーナ・ゴメスに腎臓提供したのは、ジャスティン・ビーバーお母さんだって事実を私は知ってるんだから。私のスマホがここにあればそれを証明できるのに」と言うと、もう1人が「何を証明するって?馬鹿じゃないの?あれはデミ・ロヴァートの腎臓。あの2人は親友なんだから。私とあんたがそうだったみたいにね」と口論を繰り広げ、壁には「そもそもセレーナ・ゴメスには1つだって腎臓があるのか?」と書かれているシーンもあった。

この放送後、ツイッターでは「#RespectSelenaGomez(セレーナ・ゴメスに敬意を払え)」がトレンド入り、多くのユーザーが怒りを露わにしていた。

それを受け、番組の製作者をはじめ、ピーコック、NBCユニバーサルが謝罪声明を出していた。そこでは「申し訳ありませんでした。セレーナの健康状態を軽視するつもりは一切ありませんでした。彼女のチームとも連絡を取り、彼女の運営するザ・セレーナ・ゴメスファンドフォー・ルーパス・リサーチに寄付させていただくことにしました」とされていた。