読み上げの途中、検察官は涙声に…「犯人は娘を言いくるめ、無残にも命を奪った」 から続く

 2017年10月に発覚した神奈川県座間市アパートで男女9人が殺害された事件の裁判員裁判(矢野直邦裁判長)で11月26日、強盗、強制性交等殺人などで起訴された白石隆浩被告(30)に対して、検察側は「万死に値する」として死刑を求刑した。また、被害者参加代理人6人のうち、5人は死刑を求めた。白石被告は求刑のとき、目をつぶり、息が荒くなったように見えた。

「さらに殺人を続ければ、死刑になると理解した?」

 検察官の論告は、次のような内容だった。

 1)犯罪の性質、2)動機や計画性、3)犯行態様、4)結果の重大性、5)遺族の処罰感情、6)社会的影響、7)被告人の年齢、8)前科、9)犯行後の状況――といった、死刑の基準となる「永山基準」に照らして、「一連の犯行が自分の欲のためであると、潔く認めているものの、自分の罪の重さと向き合っているのか疑問である」「前代未聞の猟奇的かつ残虐で非人間的な犯行。9人の命を奪ったことは万死に値する」「被害者の承諾がなかったことに疑いはない」として、「死刑」を求めた。

 求刑されたとき、白石被告は、目を瞑っていた。言い渡された後、メガネを直し、息づかいが荒くなったように見えた。ちなみに、求刑前日の被告人質問では、検察側とは死刑に関するやりとりがなされていた。

検察官 (2017年8月30日夜、永山事件を検索していましたね? 何人殺せば死刑になるのかと。

白石 自分の行っている行為が死刑になるのかと思ったんです。

検察官 さらに殺人を続ければ、死刑になると理解した?

白石 はい。

検察官 死刑になることは怖くない?

白石 本気でつかまらないと思っていた。その都度、欲求が満たされていたので、死刑を考えなかった。

検察官 犯行を続けるのをやめようとは?

白石 「捕まらなければいいや」という状態を続けていた。

検察官 死刑は怖い?

白石 はい。

あらためて死刑を望みます」

 続いて、被害者参加制度のもとで遺族代理人6人が意見陳述をした。最初に殺害されたAさん(当時21、神奈川県)の母と兄の代理人はこう述べた。

「自らが殺されることの承諾はないことは明らかです。娘は懸命に生きてきました。Aは、掛け替えのない娘、妹です。あらためてA母、A兄は、死刑を望みます」

「遺族の心情を逆撫でしている」

 3人目に殺害されたCさん(当時20、神奈川県、施設職員)の両親の代理人も、こう主張した。

「愛しい息子を突然、奪われました。お腹を痛めて産んだ子の骨を、どうして私が拾わないといけないのか。遺族に対しての慰謝の気持ちも表されていない。一言の謝罪もない。Cに対しては、証拠隠滅の達成しかない? 遺族には深くは思わない? 遺族の心情を逆撫でしている。傍聴することによって、事件のことを知ることができた。極刑を科すことが希望です」

 4人目に殺害されたDさん(当時19、埼玉県大学生)の両親の代理人は、無念さを訴えていた。

「裁判所には考慮していただきたい点があります。一つは、Dは、部屋に行ってから数十分で襲われたのです。(殺害しなかった)Yさんを待たせているから、『早く済ませないといけない』という理由からでした。もう一つは、Yさんの存在です。ヒモになりうるとして生かされました。それ自体はよかったかもしれません。しかし、ヒモになれないなら殺害をしてしまう。そうした命の選別は受け入れることができません。

 両親にとって、Dは大切な一人娘でした。そんな娘を、人ではないような姿にしてしまいました。どうしても許すことができません。Dの事件の証拠調べ以後も、すべて傍聴しました。そうしたのは、強い恨みを保つためでした。辛い気持ちを抑えて、出来る限り出席しました。結論としては、死刑を望みます。首吊り士の名の通り、絞首刑が最もふさわしい」

「改善、更生、社会復帰などは考えられません」

 Hさん(当時25、神奈川県)の父、母、兄の代理人は、Hさんと約束していたことを振り返りながら、白石被告を社会に戻さないように訴えた。

「被告人にとっては9人のうちの1人かもしれないが、わたしたちにとっては、掛け替えのない娘であり、妹です。娘はハロウィンや家族旅行を楽しみにしていました。しかし、部屋に明かりがついていても、暗闇の世界にいるようになってしまいました。いまだ娘の死を受け入れることができません。

 娘は法廷では『H』であっても、9人のうちの1人でも、記号としての『H』でもありません。被告人は、大切なHのことを無残に殺害したのです。

 2017年11月9日、身元が判明し、18年4月13日、遺体が家族のもとへ戻りました。どれだけ愛されていたことか。それなのに、Hは殺害され、バラバラにされ、遺棄されました。そのことで深い悲しみと憤りを抱かせました。被告人が法廷で述べていた発言で、遺族は傷つき、処罰感情を強くさせました。反省をしていないことの現れです。改善、更生、社会復帰などは考えられません。

 命をもって償ってもらいたい。死刑を科すのが相当です」

「殺されることの承諾はない」

 9人目に殺害されたIさん(当時23、東京都)の兄も、代理人を通じて、「殺されることの承諾はない」などと訴えていた。ただし、Iさんの代理人だけは「死刑」や「極刑」という言葉を使わずに、陳述をしていた。

「妹は殺害の承諾をしていませんでした。弁護人の主張は、1)引きこもりがちだったために、兄以外の異性と会うのは苦手。にもかかわらず、白石に会いに行く。それは死ぬ目的だった、というものです。また、2)部屋に入って、お酒と薬を飲んだ。それは死の準備行為だとも言っています。本当にそうでしょうか?

 家族や友人から『死にたい』と相談されたら、どうするでしょう? 死ぬのはダメという前提のもとに話を聞いていても、だんだん面倒になることがあります。兄はそうなっていました。Iさんは、『話を聞いてもらえない』と思っていたことでしょう。だから、『この人なら話を聞いてくれる』と思ったんではないでしょうか。会いに行くことは自然なことだったのです。Iさんはグループホームで、生活支援を受けながら暮らしていました。弁護人の主張はミスリーディングです。

 嫌なこと、苦しいことがあれば、お酒を飲む。飲むことで気分が楽になることはあります。Iさんはまさにその状態でした。『安定剤だよ、気分が楽になるよ』と言われれば、飲むことだってあります。

 酒や薬を飲むことは、殺されてもいいとの決断とは言えません。自分の気持ちを聞いてくれる、受け入れてもらえると思ったからでしょう。殺されてもいいという承諾ではない。それは弁護人の論理の飛躍です」

「極刑になったら、演技をする甲斐がない」

 論告前日の最後の被告人質問で「『一部の被害者や遺族には何の考えもない』。(この答えは)本心ですか?」と検察官に質問された白石被告は「本心です」と述べた。また、裁判官に「ここは遺族も傍聴している裁判ですが、本心でなくても遺族の心境を配慮して言うこともできたはずですが、なぜ言わないのですか?」と問われ、「ここまでしてしまったら、演技してもダメです。結局、極刑になったら、演技をする甲斐がない。正直に言うしかない」と述べ、死刑を受け入れているというよりも、諦めているようにも見えた。

 一方、最終弁論で弁護側は、責任能力について、「このような事件を平気で行った白石被告が、精神障害がないのは本当か?」などとして、精神鑑定について「違う医師が判断すれば、別の結果になるのではないか」と疑問を呈した。また、白石被告の供述は不合理で、信用性がないとして、「承諾がなかったとするのは疑問が残る」などと承諾殺人であることを訴えた。

 判決は12月15日に下される。

(渋井 哲也)

白石被告の裁判が行われている東京地裁立川支部 ©渋井哲也