知人宅でビールを楽しんでいた男性が、寝ている間に頭部にタトゥーを入れられるという事件がイギリスで発生した。知人の男はジョークのつもりでやったことのようだが、男性は憤慨し警察に通報した。これにより警察が凶悪傷害事件として捜査し、男2人を逮捕したと声明を発表した。11月28日に英メディアMirror』などが報じたところ、多くの注目を集めている。

今年9月2日のこと、英ノーサンプトンシャー州の知人宅でビールを楽しんでいたエドワードマレーさん(Edward Murray、34)は、飲みすぎてその場で眠ってしまった。

4、5時間後に目を覚まし、2階の洗面所へと行き鏡に映る自分の姿を見ると、前頭部に卑猥な絵とともに大きな文字で「性犯罪者(NONCE)」とタトゥーが入っていた。

エドワードさんは寝ている間に何かしらの騒音を耳にし、皮膚に何か感触があったことをうっすら覚えているそうだ。また酔っていたエドワードさんは、恋人ジョアンさん(Joanne)の名前をタトゥーとして入れて欲しいと言ったようだが、まさか卑猥な言葉のタトゥーを彫られるとは思ってもみなかったという。

実はエドワードさんは読み書きができないため、この時はタトゥーの文字が意味することを知らなかった。だが1階に戻ると、知人らが彼のタトゥーを見てからかい出した。エドワードさんは当時のことをこう語った。

「この時、私が1階に戻ると皆が私の顔を見て嘲笑いながら『性犯罪者(NONCE)』と呼ぶんです。彼らは私が『タトゥーを入れて欲しい』と頼んでいたと話しており、単なるジョークでやったことだと感じているようでした。」

気分を害したエドワードさんはタクシーで自宅に戻った後、警察に知人を訴えた。ノーサンプトンシャー州警察では、エドワードさんの件について凶悪傷害事件として調査した後、32歳と28歳の男2人を逮捕した。同警察では次のように述べている。

2020年9月2日エドワードさんが自分の意に反してタトゥーを彫られた事件について調査を進めています。これらのタトゥーによって引き起こされる痛手は非常に深刻なものです。タトゥーを除去するには大掛かりな手術が必要になるため、我々は犯罪者を法廷に連れ出すことを約束します。」

エドワードさんは頭部の他にも腕にタトゥーを彫られていたようだが、とりあえず前頭部に彫られた問題のタトゥーの箇所に髑髏(どくろ)のデザインを入れて目立たなくしたようだ。

画像は『Mirror 2020年11月28日付「Worker woke to find wordnonce’ tattooed on forehead as two arrested for GBH」(Image: South beds news agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト