米ユタ州の岩山と砂漠が果てしなく広がる大地に11月中旬、金属製の謎の物体が発見され世界中の話題になった。しかしこの高さ3.6メートルもある謎の物体は、11月下旬に突然姿を消した。それと同時期にヨーロッパルーマニアで同じ形の物体が発見されたことで、さらなる関心が集まっている。『The Sun』『Mirror』などが伝えた。

ルーマニアのネアムツ県ピアトラニアムツにあるチェアラウ山塊の中腹で、11月26日に金属製の謎の物体が見つかった。高さは4メートルほどで三角柱の塔のような形をしており、それは11月18日に米ユタ州の砂漠地帯で発見された金属製の謎のモノリスにそっくりだった。

この“ルーマニアモノリス”の近くには歴史的建造物であるペトロヴァのダキア人の要塞があり、多くの人がこの謎の物体発見の報を聞き、歴史的なロマンに思いを馳せたようだ。

なお米ユタ州で見つかった謎のモノリスは、同州公安局、航空部門のヘリコプターが上空から野生のオオツノヒツジを数えていた際に発見し、高さはルーマニアの物よりやや低めの10~12フィート(約3~3.6メートル)ほどで、同じく金属製の三角柱の形をしていた。

しかし11月27日にその場から突如消えたことで、多くの人を困惑させた。どうやら何者かが持ち去ったようだが、ルーマニアで同じような物体が発見されたことから「謎の物体がユタ州からルーマニアに移動したのでは?」といった声もあがっていた。

だがルーマニアモノリスは、ユタ州のモノリスが消失する前日の11月26日に発見されたこともあり、全くの別物ということになる。

ネアムツ市文化遺産局(Neamt Culture and Heritage)の職員であるロクサナ・ジョサヌ氏(Rocsana Josanu)は、次のように語っている。

「この謎の物体は私有地にあり、所有者が誰なのかはまだ分かっておりません。この付近は考古学的に保護された地域であるため、何かを建てようとする場合は所定の機関からの許可と、文化庁によって承認が得られなければなりません。」

当局によると現在、ルーマニアの謎のモノリスについては調査中とのことだ。

画像は『The Sun 2020年12月1日付「MYSTERY BLOCK Bizarre 13ft ‘alienmonolith just like one found in Utah desert suddenly appears on Romanian hillside」(Credit: Stiri Piatra Neamt/Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト