ゲーム・オブ・スローンズシリーズピーターディンレイジが、ホラーコメディ映画「悪魔の毒々モンスター」の再映画化に出演するようだ。1984年作のリメイク版で主役を務めるという。

バラエティによると、「アイ・ドント・フィール・アット・ホーム・イン・ディス・ワールド・エニーモア」のメイコン・ブレアが脚本兼監督を担い、トロマ・エンターテインメントロイド・カウフマンと、オリジナル版を製作したマイケルハーツが、プロデューサーとして参加するようだ。

同作は、有毒廃棄物を全身に浴びて醜いモンスターになってしまった主人公メルヴィンが、弱者のヒーローになっていく様を描く。オリジナル版はカルト的人気を誇り、続編が3作、独自の音楽作品が生まれ、子供向け漫画シリーズマーベルコミックも制作された。

ピーターは過去にもスーパーヒーロー映画に主演したことがあり、「X-MENフューチャー&パスト」でボリバー・トラスク博士、「アベンジャーズインフィニティ・ウォー」ではエイトリ役を演じた。

また昨年、ドラマシリーズゲーム・オブ・スローンズ」でティリオン・ラニスター役の出演後は、コメディスリラー映画「アイ・ケア・ア・ロット」やアニメーション映画ザ・クルード:ア・ニュー ・エイジ」に主演、舞台「CYRANO」にも主演した。