ネットで流行した事象を浮世絵風に再現したイラスト


 ネット上では日々様々な流行が生まれている。それらは世界中に人から人へと拡散されインターネットミームとなる。

 それらのミーム浮世絵風に再現したイラストを作っている海外アーティストがいるそうで、「浮世ミームズ」と名付けられたそれらの作品は、伸びる猫だったり、柴犬だったり、後はちょっとよくわからないけど、おそらくは海外でミームになったようなものみたいだ。

―あわせて読みたい―

ずっと見ていたくなる!日本伝統の浮世絵にファンタジーなエスプリを効かせたGIFアニメーション「動く浮世絵」
日本の浮世絵の高解像度データが無料でダウンロードできるとかいうサービスが開始される。その数なんど2,500点
日本文化と浮世絵が好き、でもバスケットも好き。だもんだからこうなった。「江戸ボールシリーズ」が開幕じゃい
葛飾北斎から学ぶ絵の描き方。絵を描くための手引書「略画早指南」がインターネット公開。
江戸時代に栄えた日本の伝統文化。浮世絵に描かれた鮮やかな刺青の数々
骸骨ワラワラ・・・ 歌川国芳が描いた浮世絵「相馬の古内裏」の着物がすごくイイ!

 Instagramアカウントukiyomemes」ではそれらの作品を見ることができる。


 これらの作品のプリントはSociety6の通販サイトから購入できる。

Memes of the Floating World's Store | Society6
2

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52297032.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

2021年は上を目指そう!木登りヤギのカレンダーが発売中
ありそうでなかった!コンタクトレンズを自動着脱できるロボットが開発され来年実用化予定(アメリカ)
レゴ史上最大のピース数。9,036ピースで作るローマのコロッセオ
ソ連の諜報機関「KGB」のスパイグッズコレクション3000点以上がオークションに(KGB博物館閉鎖の為)
スマホやゲームコントローラーを閉じ込められる鍵付きのミニチュア牢屋がお母様方に大人気(オーストラリア)

サブカル・アートについての記事―

リサイクルショップで見つけた奇妙な物
11歳のビョークの歌声。学芸会で披露した曲の録音テープ(1976年)
ルーベンスの絵画からキューピットが抜け出して動き回る!新感覚プロジェクトマッピング(ベルギー空港)
ジュラシック・パークの恐竜を巨大フェレットに置き換えてみた。リメイク版が見たくなるほど愛おしかった
メッセージ性が高く記憶に残る世界10の面白広告
インターネットで流行した事象を浮世絵風に再現したイラスト