スティーブン・スピルバーグ(73歳)が、殺害予告をしてきた女性に対する接近禁止命令を獲得した。スピルバーグは、数か月間にわたり、殺人脅迫を含むハラスメントを続けてきたサラ・チャーに対し、自身や家族の安全が脅かされているとして、同命令を求めていた。

米ゴシップサイト・TMZが入手した書類によると、スピルバーグは、自身の殺害を目的にチャーが拳銃を購入しようとしていたと警察から告げられたそうで、チャーは脅迫、ハラスメントストーカー行為で逮捕されたという。

また、スピルバーグは「私のIPを盗んだ人を個人的に殺す必要があれば、やるわよ。分かった?」というメッセージツイッターで受け取ったとされている。

裁判所は、チャーに対し、スピルバーグ100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁止した一時的な接近禁止命令を下している。