落語家・立川志らくにとって、この1年は、人生が一変する激動の月日だったに違いない。といっても、コロナのことではない。TBS系列で、月曜日から金曜日まで全国放送されている朝の情報番組『グッと!ラック』でのメインMCが2019年9月から。同じチャンネルですぐ後に続く『ひるおび!』の第1部にも、そのまま月曜日から金曜日までコメンテーターとして出演し、今や、この人の顔をTVで観ない日はない、と言って、ほぼ言いすぎではないだろう。

その彼が、これまで10年間にわたって、「その年の自分の落語の語り納めの場」と決めてきた特別な会が、12月のよみうりホール公演である。

クラシックファンにとって、12月がベートーべンの「第九」の月であるように、落語家と落語ファンにとって、12月は「芝浜」の月だ。仕事は一流だが酒びたりの魚屋と、その妻。人生の苦労を乗り越えたふたりが、大晦日に交わす、真実の絆の会話に、落語ファンは胸を熱くし、ゆく年くる年を静かに噛みしめる。「芝浜」とは、そういう噺。12月17日(木)、「2020今年最後の立川志らく独演会」(第10回)。当代随一の「芝浜」を聴くならここだ。

今年の語り納めの場を前に、立川志らくのインタビューを2回にわたってお届けする。

そもそも、この落語家が年末のよみうりホール公演をはじめることになったきっかけは、師匠である、故・立川談志ピンチヒッターを務めたことがきっかけだった。立川志らくは言う。
「談志が、年の瀬のよみうりホールでしばしば「芝浜」を演じていて、談志ファンはそれを目当てにしていた。2011年、談志が入院して、そのときはもう、落語ができない状態。そんなとき、(当時主催者だった)サンケイリビング新聞社から「談志師匠は年末のよみうりホールはできそうもない。志らくさん、替わりにやってくださいよ」と言われた。自分としても「替わりに自分の独演会をやればいいのかな」くらいの気持ちで引き受けたんです」

ところがその年、2011年11月21日立川談志逝去。享年75。

「そうなると、俄然、年末のよみうりホール公演に向けられた雰囲気は“談志追悼の会”一色です。一連の追悼興行のメインみたいな格付けになってしまって、そのときに初めて「これはエライことになったな」と。わたしファンだけでなく、談志信者と呼ばれているような(ファン度の)濃い人たちも来るだろうし、久々のプレッシャーを感じましたね。幕が開いたときは、すでに泣いているような人がいたほどの異様な空気。そのときの「芝浜」は、自分で何をどうやったのか覚えていない。とにかく夢中。語り終えた後は、拍手がとても大きかった。ファンの人が、立川談志の影を、わたしに重ね合わせて見てくれたのかな。サンケイリビング新聞社が、たまたまわたしに声をかけてくれたことで、談志が志らくに「芝浜」のバトンパスをした、というような、そういういい誤解が生まれた。談志ファンにとって、家元が、志らく、替わりに「芝浜」をやってくれよ、と言ったような、そんな雰囲気すらあった。自分にとって、年末のよみうりホール公演は、そういう経緯でスタートした会だったんです」

TVで全国区の知名度を獲得した反面「落語できるの?」なんて言われる

立川志らく/写真:産経新聞社提供

そのバトンタッチから10年。今や、年末のよみうりホール公演は、立川志らくの定番公演になった。 「毎年末、この会で欠かさず「芝浜」を高座にかけているわけではありませんが、今年は「芝浜」をやります。そう決めた理由は、自分がTVにたくさん出るようになったから」

TVで全国区の知名度を獲得した反面、立川志らくの落語をまったく知らない人もまた、増えた。

「あいつ落語できんのか、とか、30何年間落語やってきて、やたら言われるんですよ。気にする必要はないんだけれども、これがわたしの本業だ、やりたいのはこれなんだ、落語を辞めたわけでも何でもないということを、改めて伝えたい。それはまた、より多くの落語を知らない人に来てもらって、落語のファンを広げるという意味でも、絶好のチャンス。「グッと!ラック」という自分のホームグラウンドの番組を持つことができた結果、落語に触れてない人がたくさん来る可能性がある。そこで「芝浜」をかけるというのは、意味があることだと思ったんです」

『グッとラック!』がはじまって以来、「月曜日から金曜日まで、夜の10時過ぎには寝て朝5時に起きる。芸人にあるまじき規則正しい生活」と笑うが、では、その規則正しい新生活は、芸人の人生にとって、どんな肥しになっているのだろうか。

「かつて談志が言った言葉を思い出します。談志は立川流を作って、寄席に出なくなって、ひとつだけ後悔があると言ったことがある。その後悔とは、今ある出来事をタイムリーにその場でしゃべることができないということ。寄席があると、その日の夕方に起きた事件を、その日の夜の8時過ぎの出番で「おれはこう思っているんだ」と話すことができた。そのことに関しては寄席っていうのはありがたかったな、と談志は言っていた。わたしは、月曜から金曜まで毎日ずーっと、それも『グッと!ラック』と『ひるおび!』のふたつの番組でしゃべることができる。これは芸人にとって一番プラスじゃないかと。もちろん、言いたいことが何でも言えるわけじゃない。みんな一所懸命がんばりましょう、みたいな、芸人としてはもっとも恥ずかしくて言えないことを言わなければいけないときもある。そのマイナスはあるけど、でも、ありがたい環境です」

「芝浜」プラスもう1席はもちろんのこと、当日、マクラで志らくが何を話すか、コロナ禍の1年間、ニュースの現場にいつづけてきた落語家の、切れ味鋭い2020年回顧を期待しても、裏切られることはないはずだ。

【後編に続く】

*「2020 今年最後の立川志らく独演会」(第10回)
12月17日(木)18:00 開演 (17:15 開場)
会場:有楽町よみうりホール (東京都)
全席指定4500円(税込)

*【動画配信】今年最後の立川志らく独演会(第10回)
ライブ配信】12月17日(木)18:00開演(17:30開場)
アーカイブ配信期間】公演終了後~12月31日(木)18:00
視聴券1500円(税込)

立川志らく/撮影:山田雅子