12月1日、『ガジェット通信 ネット流行語大賞2020』が発表され、金賞に「鬼滅の刃」が輝いた。

参考記事:ガジェット通信 ネット流行語大賞2020』結果発表!“鬼滅フィーバー”の1年 アニメ流行語大賞とあわせ『鬼滅の刃』が制覇
https://getnews.jp/archives/2835115[リンク]

同日お昼には、『ユーキャン 新語・流行語大賞』が発表となり、年間大賞には「3密」が選出される。

その他、11月30日には『JC・JK流行語大賞2020』が発表され、こちらはコトバ部門大賞の「きゅんです」とともに3位の「ぴえんヶ丘どすこい之助」が話題に。同日発表の『三省堂 辞書を編む人が選ぶ『「今年の新語2020」』では「ぴえん」が大賞を獲得していた。
その他、「ネット流行語100」「SNS流行語大賞」「インスタ流行語大賞」など、さまざまな流行語大賞が乱立している感もある。

そんな中、タレントデーブスペクターさんは12月1日夕方に

流行語大賞そのものが流行ってない

ツイートを行った。反響を呼び、12月3日の時点でおよそ15万もの「いいね」を集める。

「そもそも自身の漫画が全く流行していない、やくみつるが長年審査員で牛耳っている」
「審査員はやくみつるなのにやくにたっていない」
「毎年世相からじゃっかんズレてる」
新型コロナが、一番流行っていたりする」
「ダメだ!どうしても三密を壇蜜と言ってしまう~」

といったような返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
デーブ・スペクターさん「流行語大賞そのものが流行ってない」ツイートが反響を呼び約15万もの「いいね」