渡部建
複数の女性との不倫が報じられ、6月から無期限で活動を自粛しているアンジャッシュ渡部建が3日、記者会見を行なった。ネット上では、騒動について容赦なく追及する女性リポーターらの様子が話題になっている。


■半年ぶりに公の場

騒動から約半年、黒のスーツネクタイ姿で、久々に公の場に登場した渡部。

「このたび、私がしてしまった大変軽率な行動により、多くの関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけし、そして多くの視聴者の皆様に大変不快な思いをさせてしまったことを、心より深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんませんでした」と、深々と頭を下げ謝罪した。

そして、「本日はよろしくお願いいたします」と会場に集まった関係者らにあいさつし、会見が始まると、ここから、周りを囲んでいた複数の女性リポーターからの質問攻撃が始まる。


関連記事:渡部建の不倫騒動で第2報も? 『おまかせ』放送内容に和田アキ子も驚愕

■男性記者もたじろぐ勢い

女性リポーターから矢継ぎ早に「記事について、内容は本当ですか?」「不倫相手は何人いたんですか?」「多目的トイレでの行為はなぜ?」「1万円の意味は?」などの質問が飛ぶ。

会見序盤は男性記者に質問させる隙すら与えない、圧倒的な雰囲気も見てとれた。さらに、渡部が少しでも言葉を濁すと「ということは…」と追及の手を緩めず、渡部が声を震わせる場面も。


■会見の様子に「怖い」の声も

この一連の様子がネット上で生中継されると、ツイッター上では「女性記者」「記者の質問」がトレンド入り。視聴者からは「渡部さん地獄」「問い詰めが怖いよ」「見てらんない」「エグいこと聞くな~」などの声が寄せられた。

記者からの質問に憔悴する渡部に対し、一部では「さすがにかわいそう」といった声も見られた。

・合わせて読みたい→渡部建への誹謗中傷 目を疑う言葉がトレンド入りし波紋広げる

(文/しらべぇ編集部・RT

渡部建の謝罪会見、女性リポーターの容赦ない問い詰めに「怖い」の声