詳細画像はこちら

発売開始から10周年の節目

日産は2020年12月3日電気自動車リーフが発売開始から10周年を迎えるとともに、世界累計販売台数が50万台に達したことを発表した。

リーフの発売開始から10年という大きな節目を迎えるにあたり、日産の電気自動車(EV)を愛用するすべての顧客に感謝する」

詳細画像はこちら
日産リーフ2010年モデル)    日産

「世界中の顧客がEVを選ぶことで、持続可能な社会の実現に向けて、着実に歩を進めている。日産は、今後ともEVをはじめとする電動化車両のモデルラインナップを拡大し、世界中に電動化がもたらす価値を届ける」と内田社長兼CEOは述べた。

リーフ2010年12月に初代モデルが発売された。それ以降、バッテリー容量や走行性能を向上させ、航続距離を延長するなどの進化を遂げた。現在、日本、米国、および英国の工場で生産され、世界59の国や地域で販売されている。

リーフは一般家庭や商業施設等に電力を供給するだけではなく、自然災害時には非常用電源として活用されるなど、従来のモビリティにはない価値を提供する。「日産のほかの電動化車両とともに、持続可能な社会の実現に貢献する」という。

リーフの価値、世界累計販売台数50万台

2010年に発売した初代リーフから2019年に発売したリーフeプラスまで、世界累計販売台数50万台を達成した。

日産によれば、「リーフオーナーの累計走行距離は世界中で約160億kmに達し、25億kg以上のCO2排出量を抑制している」という。

詳細画像はこちら
日産リーフ    日産

「今日、EVによって日々の生活がもっとワクワクするものになることが期待されており、幅広いニーズに対応し、様々な先進技術を搭載した電動化車両のラインナップを拡大していく」という。

2020年7月、日産は、ニッサン・インテリジェント・モビリティ技術とデザインを採用した新型クロスオーバーEVのアリアを発表。「アリアは、事業構造改革『日産ネクスト』における重要なモデルであり、2023年度末までに年間100万台以上のEVまたは、eパワーを搭載した電動化車両の販売を目指す」という。


■日産の記事
【エコはチカラだ】日産リーフ誕生10周年 世界累計販売台数50万台を達成
【プロパイロット2.0というより1.5】新型ノートに日産初採用 ナビリンク機能付きって何? アイサイトXとの違いは
【ドアの閉まる音まで】新型日産ノート 謎が解けた、一気の上質化 日産が掲げる「高品質感活動」とは?
【人気のニスモ、どうなる】新型日産ノート、モデル展開「やや物足りず」 ニスモ登場する? 登場するならいつ?

【エコはチカラだ】日産リーフ誕生10周年 世界累計販売台数50万台を達成