映画「サイレント・トーキョー」が、12月4日(金)より全国公開される。「アンフェア」シリーズをはじめ多くのベストセラーを世に送り出している秦建日子の小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊)を映像化。大ヒットシリーズ「SP」(2010年2011年)を手掛けた波多野貴文監督がメガホンを取り、クリスマス・イブの東京を襲う連続爆破テロ事件を描く、ノンストップクライサスペンスだ。

【写真を見る】映画「サイレント・トーキョー」で共演した3人がお互いの印象を語る

テレビジョンでは、連続爆破テロの容疑者・朝比奈仁役の佐藤浩市、事件に巻き込まれる主婦・山口アイコを演じる石田ゆり子、事件を追う刑事・世田志乃夫に扮する西島秀俊スペシャル鼎談を、前・後編の2回にわたってお届け。後編の今回は、お互いの印象や、次に3人で共演するとしたらどんな作品がいいかを語ってもらうとともに、“2020年クリスマスの過ごし方”も聞いた。

■もっと一緒にお芝居したかった

――それぞれ、お互いの印象をお聞かせください。

佐藤浩市:今回、共演シーンは少なかったんですけど、それぞれが物語の中のキャラクターとして整合性が取れた動きをすることで、みんなが一体になり、ひとつの作品を形作っている。それがちゃんと期待通りになっているなという印象ですね。最後も、歯車がうまい具合にきっちりとハマったなと思いました。

石田ゆり子:ただ、私はお二人のことが大好きなので、もっと一緒にお芝居をしたかったです…(笑)

西島秀俊:僕もそうですね。今回は一気に畳み掛けるエンターテインメント作品なので、キャラクターの背景に関しては想像で楽しんでもらうという作りになっていますが、個人的には、朝比奈とアイコの過去をもっと知りたかったし、浩市さんとゆり子さんの演技をもっと見たかったなという思いはあります。

佐藤:確かに演者として、苦しみの部分やいろいろなものを背負っているところをもっと見せたいという思いはないわけじゃないけど、そこは一切見せないというのが、この作品に対する波多野(貴文)監督の判断ですから。だからこそ、渋谷での事件やレインボーブリッジでの出来事も含めて、それぞれのシーンが見る人にどう受け止められるのか、楽しみですね。

石田:そうですね。私も、何よりもお客さんの反応が知りたいです。

西島:僕は、浩市さんとはこれまでに2回共演させていただいてるんですけど、実際にご一緒するシーンはほとんどなくて。今回も少なかったですから、いつかもっとしっかりと絡ませてもらえたらなと。たくさん盗みたいと思うし、いろんなものを吸収したい。どなたかぜひ、浩市さんと僕ががっつり絡むような作品の企画を立ててください!

――(笑)。西島さんは石田さんとの共演は多いですよね?

西島:はい。ですから、ゆり子さんに関してはもう、全面的に信頼しています。ゆり子さんがいれば大丈夫だろうって、どこか甘えているところすらありますね。今回も、ゆり子さんの人としての力が存分に出ているなと。なぜかご本人はあんまり実感していないようですけど、僕は毎回すごいなと思って見ています。

石田:えっ、そうなの?

西島:そう思いながらご一緒してますよ。ただ欲を言えば、次はお互いにもっと幸せになれるような役で共演したいです(笑)

石田:そうなんですよね。いつも、楽しい感じの作品で共演したいねって言ってるんですけど、なぜか悲しい話が多くて。

西島:きっと、世間の皆さんは悲しいゆり子さんを見たいんですよ(笑)

石田:どうしてなんでしょう…。

西島:本当はものすごく楽しい人なんですけどね。

石田:いえいえ…でも、少なくとも悲しいキャラクターではないです(笑)

佐藤:でも、あなたは泣き顔よ?(笑)

石田:「泣き顔」ですか?

佐藤:泣いている顔が似合う役者さんなんですよ。

石田:いやいやいや、そんな…。ちなみに私は、いつかこの3人で兄妹の物語をやってみたいなと思ってるんです。

西島:この三兄妹でどんなストーリーが始まるんですか?

佐藤:遺産を巡る争いとか?(笑)

石田:いえ、とにかく何か楽しい話がいいですね。次の機会があったら、ぜひ!(笑)

■プライベートでは地味なクリスマス

――ところで、クリスマス・イブの東京が舞台の「サイレント・トーキョー」にちなんでお聞きしたいんですけれども、皆さん、今年のクリスマスはどんな風に過ごしたいですか?

佐藤浩市:そうですねぇ、昔は、クリスマスに何もすることがない寂しい奴らを家に呼んで酒を飲んだりしてたんですけど、最近はそういうこともなくなりましたからね。今年はコロナ禍もありますし、地味に女房と二人で過ごすんじゃないですか。

石田ゆり子:いいですね~。

佐藤:うん、たぶんいつもと変わらないなぁ。西島くんは、家族と一緒でしょ?

西島秀俊:はい、そうですね。

佐藤:ゆりちゃんは?

石田:正直なところ、クリスマスだから特別何かをしようっていう意識はないんですよね。どちらかというと“年末”っていう感じ。お正月に気持ちが行っちゃってます(笑)。寒い時期は、家の中で外を眺めていたりするのが好きなので、お鍋でも食べながらゆっくり過ごしたいですね。

――もし3人でクリスマスパーティーをやるとしたら、役割分担はどうしますか?

佐藤:僕が買い出しに行きますよ。だけど手間が掛かるのは嫌だから、どうしても鍋物系になるけど。

石田:鍋はいいですね! じゃあ私は、料理のお手伝いとテーブルセッティングを。

西島:そうなると、僕は後片付けですかね。皿洗いを担当させていただきます(笑)

佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊のスペシャル鼎談を実施!