アナログデジタル問わずゲームクリエイターを支援する講談社ゲームクリエイターズラボ」の1次選考通過者が発表された。第1期メンバー最大5件程度という枠に、1262件の応募があった。運営側としても予想外の反響だったという。

(画像はDAYS NEOより)

 「ゲームクリエイターズラボ」は、概要を一言で「年間1000万円をお渡ししますから、好きなゲームを創りませんか?」と表現している。

 ラボのメンバーに選ばれたゲームクリエイターは、2年間半年ごとに500万円、つまり総額で最大2000万円の支援が受けられる。金銭的な支援だけでなく、コワーキングスペースの提供や講談社からの支援も存在。海外パブリッシングや多言語サポート、作品のマルチメディア展開、講談社媒体による広報・宣伝・営業のサポートなど、支援は多彩だ。

 ゲーム開発者はフルタイムゲーム開発に専念でき、配信や宣伝などは講談社のノウハウを借りることができる、ラボのメンバーにとっては、講談社を自身の作品のパブリッシャーとして使えるというイメージに近い企画だといえるだろう。もちろんゲームの権利は開発者に帰属し、講談社の権利物を使った作品も許容される。

講談社が年間で最⼤1000万円を支給するインディーゲーム開発者の支援プロジェクトを立ち上げ。9月15日より第1弾のメンバー募集を開始

 1次選考の通過者には、どうぶつタワーバトルYuta Yabuzaki氏、平安京エイリアンマインドウェア、『ひとりぼっち惑星』のところにょり氏、存在しない漢字を作って当て合うアナログゲーム『へんなかんじの正岡瑞貴氏など、有名な作品を手がけた個人開発者、ゲーム開発会社も含まれている。

 2021年1月頃に通過者の中からゲームクリエイターズラボメンバーが決定し、2月にはプロジェクト第1期がスタートする予定だ。

DAYS NEO 「講談社ゲームクリエイターズラボ」 公式発表ページはこちら

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros