―[負け犬遠吠え]―


ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は27回。

 今回は、馬も犬も本気を出した2020ジャパンカップ、当日の話です。


=====

◆本気を出した2020ジャパンカップ回顧録

 高校野球最後の試合、最後の一球の行方を確認してからしばらくは、なぜかまだ試合が終わってないような気がして、僕が泣いたのはみんなより少し後だった。

 ジャパンカップが、終わった。

 日刊SPA!の担当から5万円を借り、久しぶりに少し大きな賭け事ができると張り切った僕が選んだ馬券は「3連複乱れ打ち」という、予想外の展開がくればとりあえずたくさん勝つかもしれない買い方だった。

 先日、初めてジャパンカップの出走馬について真剣に調べていたら、ほとんど全ての馬に思い入れが出てきてしまい、

「もうお前たち全員が主人公だよ」

 というアツい感情が湧き上がってきた結果、どの馬がどんなドラマを繰り広げても当たりそうな馬券が出来上がってしまった。お気に入りは過去のレースがほとんど2着の1枠「カレンブーケドール」。この馬を中心にたくさん買った。1着の馬は引退試合のアーモンドアイだと思った。名馬引退で1着。

 意気揚々と買う予定の馬券を送ると、おそらく馬券を確認する時間が少し経ったのち、

「借りた金なのにこんなどっちつかずの半端な馬券でいいんですか?」

と返信が来た。

 かつて僕がカジノの話をする時に「賭場において、借りた金こそ振り返らずに思い切って賭けるべき」という話をしたことがある。しばらくギャンブルから離れていたせいで忘れていた。そういうことなのだ。5万借りた僕がやるべき事は、少しでも増やすのではなく、今々の生活を変えてしまう勝ちだ。

 エアコンの止まった肌寒い部屋の中、何もない壁から寒風が吹いた気がした。ここ数ヶ月、愚直に日雇いを頑張ったせいで濁った目が覚める。

ジャパンカップ当日

 ジャパンカップ当日。

 目が覚めてすぐに考え直した買い目を送ると、担当から、

「5万円、振り込んでおきました」

と返信がくる。次いで、

「まだ足りないです、もっと絞りませんか?」

と追撃がきた。

「今日は例年のジャパンカップと違って内枠有利が弱いかもしれません」

「外枠のグローリーヴェイズに絞るってことですか?」

「そういうことにもなりますかね」

 さらに出走表と睨めっこを続けることになった。あくまで僕が決める馬券、参考程度にしよう……。

◆ギリギリまで続く攻防

 気がつくと14時になっていた。レースの開始は15時半くらいなので、そろそろ馬券を買いに行かなければならない。僕がこれまで馬券を買うために使っていた口座は引き落とし地獄で使えなくなっているので、WINSと呼ばれる馬券売り場まで行かなくてはならない。近いのは銀座、次いで水道橋。電車で30分も乗れば着くが、準備はそろそろしなくてはならない。

「ちなみに……WINSで買おうとしてます?」

 含みを感じる言い方に、コロナがよぎる。行間とクエスチョンマークに全てが詰まっていた。読める、僕には。

WINS、やってないんですか?」

「14時で閉まります」

 しまった、と思った。ここまで考えて馬券を買わないなんて、そんなマヌケな事はできない。

 厚顔無恥なのでSPA!の担当と連絡を取り合い、近所に来てもらって代わりにネットで買ってもらうことにした。喫茶店で合流した時点でもう15時を回っていた。振り込まれた5万円は途中でおろしてその時に返した。

「では……」

 そう言って取り出したるは15インチiPad。開いてすぐに馬券を買う画面が開いてある。知らない馬券、知らない買い目が並んでいる。

 この男もまた、博打に取り憑かれた人間だった。

「犬さんが負けても貸した分を取り返せる馬券を買うんですよ」

 そんな馬券があるのなら、一生競馬で食っていけるだろう。

 僕たちは締め切りギリギリまで悩んだ末に、

1着 アーモンドアイ
2着 コントレイル or カレンブーケドール
3着 コントレイル or カレンブーケドール


 という2種類の馬券に1万円ずつ、あとは三連複と呼ばれる、選んだ馬のうちの3頭が順不同で3着以内に入れば当たる馬券を3,000円で10枚買った。ここにはさっきの3頭のほかに、外枠のグローリーヴェイズと3番人気のデアリングタクト、有名騎手「武豊」が乗るワールドプレミアの2頭を、アーモンドアイを軸にして追加した。

 1万円の馬券が当たれば40万か70万になる。

 僕はどうしてもいぶし銀カレンブーケドールが3着以内に入ると思ってかなり推していたが、担当はどうも騎手と内枠の不安が取り除けなかったらしく、僕がダメ押しで、

「僕が東京に出てきて初めて好きになった女の子の名前がカレンなんですよ」

と言うと、

「二度とその話しないでください」

と返されてしまった。本気と本気がぶつかりあった。恥ずかしさのあまり脇から玉汗が出て、シャツに染み込んでいく。

◆予想したレース展開

 レース序盤の展開を考えるのは素人の僕には到底無理だったので、終盤の展開を予想した。

 最後の直線に入り、前に出た他の馬を捉えたアーモンドアイが先頭に躍り出る。それを追いかけるカレンブーケドール

 コントレイルも馬群から抜けるが、揉まれて少し遅れて出てきてしまう。

 デアリングタクトは最後尾から一気にパートをかけるが、こちらも真ん中からの出走だったため、前にいる3頭が邪魔になって惜しくも4着。

 実質、アーモンドアイカレンブーケドールレースだ。カレンブーケドールはきっとギアを上げたアーモンドアイについていくだろう。

せっかくだから見ましょうか」

 担当はiPadで競馬チャンネルを映した。喫茶店が混んでいたのかどうかすら覚えていない。そこにはiPadと、金を賭けた僕ら、そしてジャパンカップの15頭しかいない。

 今年流行った曲が次々と流れる現代の喫茶店で、古臭くてダサいラッパの音が流れた。

 レースが、始まる。

◆借りた5万円なのに惜しくなってくる

 馬がゲートに入れられていくのを見て緊張が高まってくる。借りた5万円なのに惜しい気持ちになってくる。令和に入って1年半、競馬でいい思いはしてこなかった。負ける未来しか想像できない。賭ける前はなんともなかったのに、レース直前で「やっぱなしで」と置いた5万円を取り上げたい気持ちになってきた。だけどもう5万はJRAに吸い込まれたし、そもそも最初から僕のものでもない。

 出走直前に暴れた馬、ウェイトゥパリスがデアリングタクトのすぐ近くだったのを見て拳を握った。競馬を買う人間は、出走直前に一番性格が悪くなる。あれだけ青春時代体育祭で言われてきたスポーツマンシップも、正々堂々という言葉さえもすっかり忘れていた。買った馬さえ勝てばいい……乱れたまえ、デアリングタクト……。

 そうしているうちに、いつの間にか馬たちが走り出していた。ヨーイドンはほとんどない。時間も結果も待っちゃくれない。

 馬群の中からアーモンドアイカレンブーケドールを探していると、頭ひとつ抜けて先を行く馬がいた。

「キセキだ……」

 担当が呟く。

「キセキが前に出た時はもう、スゲーんスよ……」

 スゲーのか。キセキは。

 それ以上会話はなかった。あっけなく負けが確定した。こうなっては仕方がない。画面の中では買っていないキセキが、一頭だけで自由に馬場を駆け回っていた。

 何度も見た光景。眼中になかった馬が追い抜けないくらい先を行ってしまうこの展開。僕は少し浮いていた腰を落とし、明日のことを考えていた。

 しかし、最後の直線に入ると、キセキと後ろの馬群の距離が少し縮んでいた。馬群からアーモンドアイコントレイルが飛び出る。それを追うカレンブーケドール

 2,400mは思ったよりも長くて、僕が思っていたよりもゴールテープはずっと先にあった。もう馬券のことはあんまり考えてなかったので、興奮が追いつかなかったが、このまま3頭がキセキを抜けば40万になる。

 キセキを追い抜かした瞬間、フワッとした非現実感に包まれた。大金が手に入った瞬間によくある感覚だった。喜びの感情は怒りや悲しみよりも遅くやってくる。

 アーモンドアイコントレイルの2頭が明らかゴールしたあと、カレンブーケドールデアリングタクトグローリーヴェイズの3頭がほぼ同時にゴールを横切った。ゴール寸前で先行していたように見えたのは、カレンブーケドール

◆写真判定の間の5分

「やりましたよ、完璧な馬券です」

 普段から冷静で、ライブハウスに通うのが好きだが絶対に最後尾に張りついていそうなSPAの担当がハイタッチポーズをしてきた。僕は手汗がびちゃびちゃだったのでグーで応える。40万はその拳の中に握り込んでいた。

「どうします?」

「流石にそろそろカジノ行きたいですね」

ですよねー!」


 ギャンブルで生活する負け犬は、ここに復活した。年の瀬は何かがある。僕は賭けに勝った。

 初めてちゃんと馬券を予想した。展開もキセキ以外はほとんど予想通りになった。これを運と呼ばずになんとする。僕のツキは借りた5万円で完全に帰ってきた。労働なんてものは最初から必要なかった。

 なぜなら僕は……、

レース結果】
1着 2番  アーモンドアイ
2着 6番  コントレイル
3着 5番  デアリングタクト
4着 1番  カレンブーケドール
5着 15番  グローリーヴェイズ


 これからも、一生懸命働きます。
〈文/犬〉

【犬】
フィリピンカジノで1万円が700万円になった経験からカジノにドはまり。その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。全財産を失い借金まみれに。その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。Twitternoteカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。
Twitter@slave_of_girls
noteギャンブル依存症
Youtube賭博狂の詩

―[負け犬遠吠え]―


写真/AdobeStock