ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

クリスマスツリーにコアラ

今年ももう12月クリスマスシーズン。世界各国でクリスマスツリーを準備しているご家庭もあるだろう。

しかしオーストラリアのとある家庭で、クリスマスツリーコアラがくっついていたというトラブルがあったという。写真を見るとまるで人形がくっついているかのようだが、実はこれは本物コアラ

オーストラリア州アデレードのとある家庭にて起きた珍事で、クリスマスツリーコアラ1匹が隠れていたのだという。最初からコアラがツリーにくっついていたわけでなく、なんかのタイミングでこの家に侵入してきたコアラがツリーを発見しよじ登ったと推測される。

夕方に発見した家族は、どうしたらいいのかわからずオーストラリアにあるコアラ救助団体「1300コアラ」に連絡した。

連絡を受けたコアラ救助団体は「最初はいたずら電話ではないか」という疑いもあったが、結局一般家庭に出動した。救助隊が出動した時もコアラクリスマスツリーの飾りの中から顔を出して遊んでいた。救助隊はコアラを回収し再び野生に放した。

コアラ救助隊は「コアラはとても好奇心が旺盛な動物。これまで鶏小屋、トイレベビーカー、おもちゃ車の中のような所でコアラを救助してきたが、クリスマスツリーは初めて」と語った。救助隊は時々コアラが家の中にまで入ってくる場合があるが、恐れずに救助隊に連絡してほしいと強調した。

一方、オーストラリアを代表する動物であるコアラは性病による不妊と、2019年6ヶ月間に燃え上がっていた山火事でその個体数が急激に減り、人間の助けなしでは生存できない「絶滅段階の動物」に指定され、現在その個体数を増やすための努力がなされている状態だ。