新型コロナウイルス感染者数がいま再び増え続けるなかで、今年の年末年始は自粛を余儀なくされそうだ。地元の神社や寺に親戚一同と初詣に出かける、あるいは繁華街で新年のカウントダウンを叫ぶ……という旧態依然とした方法では、「三密」を招いてしまう。

 今年はあらゆる物事のオンライン化がいっきに進んだが、じつは「初詣」や「年末年始」のイベントも例外ではない。

バーチャル渋谷でカウントダウンイベントはあるか?

 これまで渋谷では、年末になればカウントダウンイベントが実施され、多くの若者たちで賑わっていた。今年はいったい、どうなるのか。

 大混乱を招いてきた渋谷ハロウィンは、「cluster」というアプリ内において、“バーチャル”で行われた。これは渋谷区公認のイベントで、auとのタイアップ企画でもあった。有名アーティストバーチャルライブを開催し、あまりの人気に回線がパンクしてしまう事態も発生した。

 こうした取り組みは、年末年始にも実施されるのだろうか? clusterの公式サイト「イベント一覧」をチェックしてみたが、今のところ(12月8日執筆時点)は特にイベント等の予定はないようだ。

 が、実は今でもバーチャル渋谷そのものは存在している。このワールド自体は一過性のものではなく、いつでも入場できる状態。そして、リアルの渋谷は毎年恒例の年末年始カウントダウンイベントの中止をすでに発表している。このイベントをそのままclusterに移して行う可能性は、十分にあるだろう。同時に、リアル渋谷ではハロウィンと同じような厳しい警備体制が敷かれるはずだ。

◆自宅で撞ける「バーチャル除夜の鐘

 三密をどのように避けるか。それは渋谷区だけでなく、神社仏閣も同様に苦悩している。

 リアルの初詣をある程度規制しなければ、祈りの場でクラスターが発生してしまうリスクも高まる。そこで、神社仏閣もオンライン化の必要に迫られているのだ。

 浄土宗の公式サイトでは「バーチャル除夜の鐘」というものを用意している。これはサイト上で鐘を108回叩けば、プレゼント応募の画面が表示されるというもの。

 画面上の撞木をクリックすると数字がカウントされる仕組みで、連打して突くことができるから、108回の達成は決して苦労しない。が、これではいささかありがたみに欠ける気もするが……。

◆自宅で体験できる「オンライン初詣」

 また、福岡県福岡市に鎮座する、創建から1700年続く神社「鳥飼八幡宮」は、株式会社ザッパラスと協力しながら、大晦日から「オンライン初詣」を提供する。これは賽銭、お守り、おみくじ、絵馬の購入を同一プラットフォームで実施できるというものだ。

 お守りを購入すると後日、ひとつは自宅に郵送され、もうひとつは鳥飼八幡宮の御神木へ結び付けられる。鳥飼八幡宮は“縁結び”で知られているが、神社へ足を運ぶことなく神様とご縁を結べる機会になるという。

◆初詣はライブ配信で

 愛知県名古屋市の「別小江神社」では、本殿の様子をYouTubeライブ配信するという取り組みを行っている。これを使えば、自宅にいながら神社で参拝できる。

 じつはこのライブ配信は防犯面でも大活躍している。今年10月、別小江神社の賽銭箱から現金を盗んだ犯人をバッチリ撮影し、見事逮捕につなげた。

 このように、2021年の初詣は「リアルからオンラインへ」の動きが活発になっている。それと同時に、リアルの参拝客を極力集中させないための策も講じられている。ひとつ例を挙げれば、三重県伊勢神宮近くにある市営宇治駐車場の平日無料開放である。なぜ駐車場の無料化が三密防止になるのかというと、押し寄せる参拝客を複数日に分散させることができるからだ。

 賽銭の電子化も、当然ながら進むだろう。賽銭箱QRコードを表示し、参拝者がそれをスマホで読み取るという仕組みである。より衛生的な初詣を考慮するなら、やはり賽銭もキャッシュレスにしなければならない。

 いずれにせよ、2021年の正月は例年とはまったく異なる光景になりそうだ。<文/澤田真一>

【澤田真一】
ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

バーチャル除夜の鐘。画面の撞木をクリックすると数字がカウントされる(画像は、浄土宗の公式サイトより)