「『捕まらなければいいや』という状態を続けていた」座間9人殺害・白石被告、死刑求刑の瞬間 から続く

 被害者たちは「本当に」死にたかったのか――。

 2017年10月神奈川県座間市アパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗や強制性交等殺人などの罪に問われている白石隆浩被告(30)の裁判員裁判(矢野直邦裁判長)は12月15日、判決を迎える。

 筆者が裁判を傍聴する中で、もっとも気になった言葉が「本当に死にたかったのか」というものだ。裁判で明らかになった事実などを振り返りながら、改めて考えてみたいと思う。ただし、この稿では、白石被告本人の意図は考慮しない。

日記には「殺されてもいいから終わりにしたい」

 そもそも「死にたい」という感情に「本当」と「本当じゃない」が存在するのかどうか。あるいは、Twitterで「死にたい」とつぶやくこと、そのつぶやきに対するダイレクトメール(DM)に返事をすること、返事をしたとして白石被告に会いに行くこと、会いに行ったとして死のうとすること、死のうとしたとして途中で止める可能性……は、どこまで一体なのか。

 筆者は、「自殺系サイト」に投稿をする人たち、「ネット心中」の志願者、TwitterなどのSNSで「死にたい」とつぶやく人たちを取材してきた経験から、実際の自殺に至るまでには、いくつもの“壁”があると感じている。

 被害者9人すべて、どこかのタイミングで自殺に対する気持ちを表明し、何人かはTwitterで「#自殺募集」などの文言を投稿していた。その意味では、被害者全員が、濃淡の差はあるだろうが、自殺願望があったと言えるのだろう。例えば、1人目のAさん(当時21、女性)はTwitterで自殺に関する投稿をして、それを読んだ白石被告がDMを送った。そのことをきっかけにカカオトークでのやりとりが始まった。

 弁護側によると、Aさんは、中学時代のいじめ、恋愛などで悩んでいた。2016年8月、ネットで知り合った女性と「ネット心中」をしようと、江ノ島の海で入水自殺を図ったことがあった。しかし、Aさんだけが助かった。その後も入退院を繰り返し、入院中も首吊りを試みて、看護師に止められている。

 その1年後の2017年8月上旬、Aさん死にたい気持ちが強まり、少なくともTwitterで「ネット心中」を呼びかけるくらいの自殺願望があった。そして、DMやカカオトークでやりとりをしていた白石被告のもとを訪ねる。その際、Aさんは白石被告の指示で「失踪宣告書」を書き、自宅に置いている。そこには、「絶対に自殺をしません」と書いてあった。ただ、日記には「殺されてもいいから終わりにしたい」と綴っていた。

選択や決定ではなく「自殺するしかない」という思い込み

 判例では「自殺とは、自殺者の自由な意思決定に基づいて自己の死の結果を生ぜしめるもの」(1989年3月24日、福岡高裁)とされている。法律論としてはわかりやすいが、自殺直前の心理は、自由な意思決定を正当化できるほどの状態なのだろうか。

 自殺を試みる人たちは、心理的視野狭窄が生じているとも言われている。つまりは、自由な意思決定というよりは、自殺を選択せざるを得ないという切迫した心理状態なのだ。選択や決定ではなく、「それしかないという思い込み」がある。それを前提とすれば、生か死かの揺れ動きの中で、死に向かう行動をせざるを得ない心の動きがあることになる。

 裁判官の「Aさんが書いていたパソコンの日記ですが、8月18日、21日に『死にたい』と書かれていました。内容の確認はしましたか?」との質問に、白石被告は「失踪宣告書を書くようにやりとりはした。そのときは、私以外の人と自殺をするとお願いをした。私の存在を薄くするようにお願いしたのです。内容については見ていません」などと答えている。内容を把握していないことが事実なら、失踪宣告書の「自殺しません」はダミーだとしても、日記で書いていたように、「終わりにしたい」気持ちがあったのかもしれない。

「苦痛があっても力任せに、殺してください」

 揺れ動く心理は、3人目に殺害されたCさん(当時20、男性)にもあったようだ。Cさんと白石被告が知り合ったのは2017年8月13日AさんがCさんのLINEQRコードを白石被告に送ったときからだ。8月15日AさんとCさん、白石被告の3人で会っている。このとき、白石被告は、自殺を手伝う方法として、Aさんに柔道の締め技をかけ、Cさんはそれを見ていた。このときは死ぬのをやめたため、3人は解散した。

 弁護側によると、Cさんの自殺願望の理由は、(1)小学生のときに高機能自閉症と診断され、相手の気持ちを汲み取れない悩みがあった、(2)仕事が2年目でプレッシャーがあった。バンド活動もしていたが、リーダーは厳しく、叱られるのが辛く、精神的に不安定だった、(3)恋人との別れ――。そんな中で白石被告と出会っている。

 そして、バンドリーダーからライブ映像の編集に絡んで叱責があった後、8月28日、再び、白石被告に「お久しぶりです。先日は失敗して申し訳ありませんでした。また、お願いできませんか?」とのLINEメッセージを送っている。このとき、Cさんの自殺願望が高まったことになる。「苦痛があっても力任せに、Aさんにやった方法で殺してください。寝落ちしたところでしてください」というメッセージだった。

「本当に死にたい」気持ちと、「本当は死にたくない」気持ち

 つまり、Cさんは死にたい気持ちと、死ぬのを止める気持ちの間を揺れ動いていた。8月29日夕方、白石被告から、スマホ江ノ島に捨ててくるように言われ、白石被告のアパートを出た後、Cさんは「これからは生きていこうと思います」とLINEをしている。

 厚生労働省の自殺対策のホームページの中で、「迷信(myth)と事実(fact)」というコンテンツがある。例えば、「一度自殺を考えた人は、ずっと自殺したいと思い続ける」というのは迷信で、事実は「自殺リスクが高まることは一時的なものであり、その時の状況に依存することが多い。自殺念慮が繰り返し起きることはあるかもしれないが、長く継続するものではなく、過去に自殺念慮や自殺未遂があった人でも、その後の人生を長く生きることができる」としている。

 その意味では、Cさんも「本当に死にたい」気持ちと、「本当は死にたくない」気持ちの間を行き来しているとも言えるのだろう。

 もちろん、短時間で殺害された被害者の場合は、白石被告と出会ってから殺害までに明確に自殺の撤回をした文言はなく、気持ちの上で生と死を彷徨っていたと判断できる材料はない。ただし、白石被告の法廷での証言によれば、待ち合わせ以後は、積極的に自殺に関する話題は出ていない。

被害者が実現しようとしたのは、殺害の被害者ではなく「ネット心中」

 そのため、白石被告の認識がどうあれ、被害者が死にたい気持ちを持ち続けていると思わせても不思議ではない一方で、「本当に死にたい人はいなかった」と白石被告が証言するほど、自殺から遠ざかっている印象を持たせていた。自殺をした人が、家族や恋人、友人には「そうは見えない」という場合がある。白石被告から見れば、「ヒモになれるかどうかの見極め」のための「深掘り」だったとしても、被害者からすれば、悩みを聞いてくれる時間だったのだろう。

 弁護側は、被害者は黙示的に承諾をしていたと主張している。承諾殺人は、明示的に承諾をしていなくてもいい。ただし、殺害時に、殺されてもいいなどの被害者の真意に基づいてされたものかどうかがポイントだ。翻意したり、殺害自体への抵抗があれば、承諾とみなされない。首を締めるときに手足の動きが抵抗なのか、反応なのか。裁判所や裁判員はどう判断するのか。

 検察側の主張では、被害者の意図が死を実現させることだとしても、同じように「死にたい」と思っている白石被告と一緒に自殺をするというものだ。被害者の多くのやりとりは、「一緒に死にましょう」というものだったからだ。そして実現するとすれば、やりとり通りに首吊り自殺だったはずである。いきなり、殺されることを承諾はしてない。被害者が実現しようとしたのは、殺害の被害者ではなく、「ネット心中」のはずだった。

白石被告の逮捕に協力した女性は後日自殺

 被害者が自殺をしたいと思う理由は、他人から見れば「小さいこと」であっても、当事者からすれば、「死にたいと思うほどのこと」だ。いじめがあっても、教師の不適切な指導があっても、叱責や失恋があっても、それを我慢できる人もいれば、「死にたい」と思い詰める人もいる。その人の置かれた環境や、人間関係などによっても変化する。

 ちなみに、事件の発覚と白石被告の逮捕に協力した女性(当時30)がいた。9人目の被害者Iさん(当時23、女性)の兄がTwitterで協力を呼びかけたことがきっかけだった。日本テレビの報道によると、この女性は事件発覚6日前、白石被告と町田駅近くのファミレスで会ったものの、白石被告のアパートには行かなかった。そして、この女性の協力で警視庁は囮捜査をした。JR町田駅で待ち合わせの約束をするが、ドタキャンとなるようなものだった。しかし、白石被告が逮捕された後、この女性は自殺している、という。

 同じようなことは以前もあった。自殺系サイトを介して見知らぬ人と出会い、自殺をする「ネット心中」が知られるきっかけとなったのは、2003年2月11日埼玉県入間市下藤沢のアパート内で、近くの無職男性(当時26)と千葉県船橋市の無職女性(当時24)、川崎市の無職女性(当時22)の3人が室内で死亡しているのが発見された。

 119番通報をしたのは、栃木県に住む女子高生(当時17)。2002年12月ごろ、亡くなった3人とその女子高生インターネットを通じて自殺計画のやり取りをしていた。「男性がインターネットで、この部屋で自殺する人を募っていた。しかし、連絡が途絶えたため心配になった」と警察に話した。女子高生は死亡した男性らと連絡が数日前から取れず、計画に上がっていた同アパートを訪れたところ、室内で人が倒れているのを見つけた。このときの女子高生ものちに自殺している。

死にたい」気持ちは繰り返す

ネット心中」をしようとして、一度は相手に会って、実際には心中をしない場合もあるが、だからといって、自殺をしない心情になっているわけではない。むしろ、選択肢の一つとして、リアルに自殺という手段が頭に残り、より心理的視野狭窄を強化していく場合もあるということを示している。自殺遺体の発見者、事件の目撃者は自殺リスクを高めるのかもしれない。そのため、協力者や目撃者のケアやサポートはしなければならないだろう。

 つまり、「死にたい」気持ちは繰り返す。一度、自殺を止めたとしても、再度、「死にたい」気持ちが浮上する。もちろん、そんな浮き沈みは、家族だけで支えられるものではない。ある遺族の論告で「死ぬのはダメという前提のもとに話をしていても、だんだん面倒になることがあります。遺族はそうなっていました」と述べている。家族だけでなく、福祉や保健、医療、心理の専門的なサポートと、ボランティアなどのネットワークによって支えることが大切だ。「死にたい」気持ちの改善と、社会に対する信頼感を抱くようになる環境整備が必要ではないだろうか。

 

【悩みを抱えた時の相談窓口】

 

「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556」午前10時午後10時
フリーダイヤル「0120-783-556」毎日:午後4時午後9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時

 

東京自殺防止センター(電話相談可能) https://www.befrienders-jpn.org

(渋井 哲也)

白石隆浩被告 ©文藝春秋