日本の未来を見据えていた12人(第12回)「徳川 家康」

JBpressですべての写真や図表を見る

(倉山 満:憲政史研究者)

 現代に生きる我々が徳川家康から学ぶ点は、2つ。

 1つは、常に強敵を相手の苦しい戦いの連続の中で勝ち抜いた点である。特に、その生涯の大半が、隣接する2大国に挟まれて、苦しい経営を強いられた。敗戦以来、常に超大国に振り回され、あるいは従属を強いられている現代日本にとって、学ぶべき偉大な先人である。

 もう1つは、未来に続く体制(システム)を構築した点である。現状に振り回されているからこそ、歴史に学び、どのような未来を描くかを学ぶべきであろう。

今川に従属しながら機会を待つ

 徳川家康は、天文11年(1543年)に三河の土豪・松平広忠の嫡男として生まれた。三河は今の愛知県東部である。幼名・竹千代。しかし、3歳にして母と生き別れ、6歳から13年に及ぶ人質生活を送る。

 当時の松平家は、東に今川、西に織田の2大勢力に挟まれ、常に両家の角逐の場として難しい舵取りを強いられた。父・広忠は、家臣に裏切られて暗殺されてしまう。今川と織田、どちらに付くかで常に家中も揺れていた。

 結局、松平家は今川への従属を選ぶ。竹千代今川義元から一文字を与えられ、元康を名乗る。また、重臣の娘を嫁に貰い、今川一門として遇された。この時代、軍門に下った家の子弟は、厚遇される。新領土経営を円滑にする為である。元康は戦国随一の軍師である太原雪斎から英才教育を受けた。

 だが、従属する側が、素直に感謝するだろうか。近代において大日本帝国は、大韓帝国と合邦を行った。旧王家の者たちは日本の貴族として遇され、皇室との婚姻も進められた。それで韓国人が日本に感謝しないのと同じである。

 松平の者たちは、今川に従属しながら、機会を待った。今川の戦では常に危険な先鋒を強いられたが、耐えた。そして苦しい戦いを続ける内に、三河武士団は強くなった。

 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦い今川義元織田信長に討たれた。のみならず、今川家を支える重臣たちも、多くが戦死した。ここに権力の空白が生じた。

 元康は故郷三河に帰り、故郷の岡崎城を拠点に今川からの独立を志す。

今川家との断絶を決意

 今川家を継いだ氏真は、愚鈍な人物だった。政治力、経営力、軍事力、そのすべてにおいて愚鈍だった。経済政策に失敗し、むやみに増税に頼り、民心が離反する。軍事力を蓄える努力をせず、姑息な外交に頼る。そして、人望も識見も持ち合わせていなかった。

 なお後の話だが、今川氏真は「敵に塩を送る」の語源となった人物である。武田信玄の軍事力の前に先祖伝来受け継いだ領地を次々と奪われ、周辺諸国に助けを求めた。これに家康の他、北条氏康上杉謙信が応えた。そして氏真は経済封鎖で対抗する。信玄の領地には海が無い。だから塩留め(しおどめ)を行い、生活必需品である塩が入らないようにすれば、信玄は音を上げると考えたのだ。これに怒った謙信は、「戦は弓矢で行うものであって、民を苦しめるものではない」と、信玄に塩を送った。およそ史実とは信じがたいだろうが、信玄からの返礼の太刀が残っている。正々堂々と戦う努力をしない姑息な氏真が、謙信はよほど嫌いだったのだろう。

 氏真は流浪の生活を送っているが、父の仇の信長の前で得意の蹴鞠を披露して、褒美をもらっている。人としての稔侍など持ち合わせていないかのように。

 また、国を奪われて不幸な晩年を、家康の庇護下で生きる。そして辞世は「すべての恨みを許してやる」である。

 まるで、たった1回の戦争に負けただけで去勢されたかの如く尻尾を巻き、すべての周辺諸国の靴の裏を舐めながら姑息に生きるのが大人の態度だと信じ込んでいる、どこぞの現代の国を彷彿とさせるではないか。

 それはさておき、元康は家康と改名、今川家との断絶を決意する。苗字も徳川に変えた。「徳川家康」の誕生である。家康は、現代のどこぞの島国の政治家のような、愚かな人物ではなかった。選択肢が無い中でも、最善手を続け、好機を待ち続けた。

 家康は、織田信長との同盟に徳川家の運命を懸けた。信長存命中、家康は従属的な立場だが、耐えに耐え続けた。未来に必ず挽回する意思を、心に秘めながら。

旧今川家の版図をすべて手に

 今川の干渉を排除し、独立を果たした家康の最初の試練が、一向一揆との対決である。三河武士には一向宗が多い。家康は三河支配を確実にしようと一向宗との対決を決意、壮絶な内戦の末に制圧した。昨日まで苦楽を共にした友との凄惨な対決を経て、三河一国の支配が盤石となった。

 弱体化した今川家を分割しようと、武田信玄が持ち掛けてきた。家康はこれに乗った。ちなみに武田家は織田家の同盟国でもある。家康は今川家の分割に集中できた。

 結果、武田は駿河(静岡県中部)を、徳川は遠江(静岡県西部)を自領とした。ここに、名門今川家は滅ぶ。ところが、信玄は同盟を破棄。遠江への侵略を開始する。圧倒的な武田の軍事力の前に、徳川は防戦一方である。織田は武田と闘う気はなく、独力で耐え続けた。

 助けてくれない織田に対し、家康は信長に対し「手伝い戦(いくさ)」を行う。たとえば、姉川の戦いでは、苦戦する織田に対し、徳川の奮戦で勝利に導いた。何のための手伝い戦か。武田との戦いで、織田に中立を守らせるためである。織田・武田の両大国に挟まれた徳川には、他の選択肢はなかった。織田が武田につき、徳川に攻めかかればひとたまりもない。

 そのシナリオは避けられたが、別の悪夢が押し寄せてきた。信玄が信長を裏切り、「信長包囲網」を敷いて、織田徳川をまとめて葬り去ろうと攻め込んできたのである。武田の猛攻の前に徳川は防戦一方で、三方ヶ原の戦いでは大敗を喫した。

 信玄の死により信長包囲網は瓦解するが、武田の侵略に脅かされる安全保障環境には変わりがない。息子の武田勝頼は、徳川領への侵攻を激化させる。信長は申し訳程度にしか援軍を寄越さない。

 そこで家康は弱者の恫喝を行った。「今回も援軍を寄越さなければ、武田の軍門に下るしかない。遠江を割譲しても、尾張を貰えば、我々は割に合うのだから」と。尾張は愛知県西部、織田の本拠地である。ここに信長は大軍を率いて参陣、長篠の戦いは激戦の末に織田徳川連合軍の勝利に終わった。

 同盟を維持するのは戦をするのと同じ苦労を伴う。家康の長男の信康は、信長の娘を嫁に貰っていた。この嫁が姑と折り合いが悪くなった。姑とは、家康の妻であり旧今川家重臣の娘である。徳川家も、家康派と信康派に割れる。結果、家康は妻子を殺さねばならなかった。

 天正9(1582)年、織田軍は宿敵の武田勝頼を滅ぼした。付き従った家康は、信長から駿河を拝領する。これで三河・遠江・駿河の3カ国の大大名、自分を人質にした旧今川家の版図(はんと)をすべて手にした。

耐えに耐え抜いた人生

 そして、ほどなくして織田信長本能寺の変に斃(たお)れる。織田家の版図は草刈り場と化す。この状況で家康は、北条・上杉との三つ巴の抗争の中で、信濃と甲斐を手に入れた。長年にわたって苦しめられた旧武田の版図をすべて手にした。なお、当時の信濃と甲斐は、織田領である。20年にわたる同盟者を裏切って強奪したのだが、誰も家康を悪しざまには言わなかった。汚名はすべて、本能寺の変の首謀者である故・明智光秀が引き受けてくれた。

 織田信長の跡目争いを制したのは、羽柴秀吉だ。その秀吉と小牧長久手で戦う。だが、戦いは膠着、最終的に家康は秀吉への臣従の道を選ぶ。なお、この戦いで家康は1日だけ大勝した小競り合いを、後世になって針小棒大にプロパガンダしている。

 天下を統一した豊臣秀吉は、家康に関東への国替えを命令する。それまで命懸けで得た5カ国を捨てよとの命令だが、従った。ここで従わねば、問答無用で滅ぼされるからだ。

 慶長3(1598)年、秀吉が死んだ。日本最大の実力者は、家康となった。この時、満55歳。耐えに耐え抜いた人生だった。

 2年後、豊臣家の天下を守ろうとした石田三成を、関ヶ原の戦いで屠る。そして、慶長8(1603)年、家康は征夷大将軍に任じられた。名実ともに天下人となる。その後、大阪の陣で豊臣家を滅ぼし、安心したかのように満73歳の生涯を閉じる。

耐えに耐えて未来を切り開く

 家康の人生で相手よりも大軍で戦ったのは大阪の陣くらいで、ほとんどの戦いは強大な敵を相手にしての苦戦だ。それでも、目の前の戦いを戦いきり、未来を切り開いた。

 家康の学ぶべき点の第2点は、勝ち抜いた後の経営だ。

 江戸幕府は250年以上も続く、安定した体制(システム)となった。家康は、鎌倉幕府や室町幕府の長所と短所を研究し、史上最も強固な武家政権を築いた。

 江戸幕府は、将軍による一元的全国支配である。徳川家の一門譜代だけでなく、すべての大名を将軍の支配下に置いた。将軍家は圧倒的な軍事力と領土(経済力)を持った。公家や寺社などの権門だけでなく、天皇をも法の下に置いた。家康が定めた禁中並びに公家諸法度は、史上初めて成文法の下に天皇を置いた法である(だから後水尾天皇は譲位して上皇となり、法の外に出た)。

 将軍家の直系が絶えた時は、御三家と呼ばれる尾張・紀伊・水戸の三家が継ぐことにしていた。ただし、彼らを政治には関わらせない。将軍家への挑戦者になりうるからだ。実際に幕政を支えたのは、官僚である。それらの官僚は将軍家直参の旗本を、中級の譜代大名が統治する体制だった。大大名もまた、将軍家を凌駕する力を持ちうるので、政治にかかわらせなかった。

 もし徳川将軍家の天下を転覆させる力を持つものが現れるとしたら、西国大名が朝廷を担いだ時である(事実そうなった)。だから、朝廷と西国大名への監視として、京都所司代を置いた。

 なお、御三家中、水戸は尊皇の家であった。徳川家が朝敵となった時に、朝廷について生き残るためである。

 事実において、将軍家嫡流が切れた時に、紀伊家の吉宗が継いだ。さらに紀伊家にはじめる嫡流が切れた幕末、水戸家の慶喜が継いだ。徳川慶喜の時に徳川家は朝敵として滅ぼされるのだが、尾張家はいち早く新政府について生き残った。役割は違ったが、家康の思惑は達せられ、徳川家が滅ぶことは無かった。

 ただ、明治維新は武士の世そのものを終わらせる社会変革である。こればかりは家康に予見できる訳が無い。

 だが、徳川家のみならず武士の世を終わらせ、新国家を作った大久保利通が尊敬した人物は、徳川家康だった。

 苦しい戦いを乗り越え、未来を切り開いた家康に、理想を見たのだろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  日本史に残る真の「天才」、足利義教の容赦なき戦い

[関連記事]

「法学者」北条泰時が生んだ御成敗式目の先進性

「革命なき革命」源頼朝が成し遂げた世界史の奇跡

徳川家康が埋葬された静岡市駿河区にある久野山東照宮(写真AC)