AIの副操縦士を搭載した米軍の次世代戦闘機

 Xウィング戦闘機に乗って帝国軍と戦うルーク・スカイウォーカーR2-D2というドロイドサポートを受けていたが、手に汗握るあの映画のシーンは、近い将来現実のものになるかもしれない。

 今月15日、米空軍はカリフォルニア州ビール空軍基地で、米軍初の試みであるAI(人工知能)副操縦士にパイロットサポートさせるという飛行実験を行った。

 U-2偵察機に搭載された「ARTUμ」というAIアルゴリズムは、チェスや囲碁の名人を打ち破ってきたゲームミング・アルゴリズム「μZero」をベースにしたもの。

 飛行実験ではレーダーの情報を人間のパイロットと共有しつつ、人間が空中の敵機の警戒を担う一方、AIは地上にあるミサイルランチャーの索敵を担当した。

―あわせて読みたい―

アメリカは中国の宇宙レーザーを回避するため、AIを搭載した高性能人工衛星を開発しようとしている
米軍が新型の陸軍分隊マークスマンライフル(SDM-R)を公開(アメリカ)
腕に自信のあるゲーマーを募集中。軍事AIロボットの訓練にゲーマーの脳波を利用する試み(米研究)
AIと現役空軍パイロットがフライトシミュレーターで空中戦。AIが人間を撃破(アメリカ)
フランス軍が人体改造で能力を強化する「拡張兵士」の研究を承認

人間パイロットの負担を分担

 現代の戦闘機はただ飛ばすだけでも複雑な乗り物だ。

 操縦インターフェース、各種センサー、兵器システムといった様々な機器の操作を熟知しているのはもちろんのこと、その上でパイロットは高度、速度、燃料といった飛行機の状態を把握し、最新鋭の機体ならば赤外線センサー、警報システムレーダーといったものにまで気を配る必要がある。

 そしていざ戦闘に突入すれば、パイロットはこれらを制御しながら、空と地上から迫る敵に対応しなければならない。

 AI副操縦士は、そうした重くなるばかりのパイロットの負担を軽くする頼れる相棒として開発が進められている。

 AIからの支援を受けることで、人間のパイロットは、飛行機の操縦、兵器の使用許可、飛行ルートの変更の許可、味方との通信といった、より人間が得意とする作業に専念できるようになる。人間よりもAIの方が得意なものは、すべてそちらに任せてしまえばいい。

4_e19

人工知能ARTUμ」を搭載したU-2偵察機 image by:US Air Force

次世代制空戦闘機にもAI副操縦士が

今回の実験はU-2偵察機を使ったものだが、今年9月には空軍の武器調達・技術・物資担当国防次官であるウィル・ローパーが「次世代制空戦闘機(NGAD)」の存在を明らかにしている。

1_e31

次世代制空戦闘機イメージ

 その詳細については、それが実際に存在し、すでに飛行していることのほか、どうやらロッキード社が開発しているらしいことなどが伝えられてきたが、最近になって、AI副操縦士が搭載されるらしいことも明らかにされた。

 米軍のトップであるマーク・ミリー統合参謀本部議長の演説では、今後10~15年においてAIとロボットが軍事において大きな役割を果たすことになるだろうと述べられている。

References:breakingdefense / popularmechanics/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52297742.html
 

こちらもオススメ!

―サイエンス&テクノロジーについての記事―

高血圧治療薬に寿命を延ばす効果があるかもしれない。線虫の実験で確認(日本研究
NASAの研究者らが初めて長距離の「量子テレポーテーション」の転送に成功
バイカーの安全を守る。エアバッグ内蔵のズボンが登場
「じゃあ俺がやるよ!」人間はロボットにあおられると危険を承知で行動してしまうことが判明
ハンドルなし、運転手なし。Amazonが完全自動運転の電動ロボットタクシー「Zoox」を公開

―知るの紹介記事―

国境閉鎖で立ち往生した大勢のトラックの運転手らに地域住民たちがあたたかい食事を提供(イギリス)
銀河系には膨大な数の滅亡した知的生命体による文明があるかもしれない
19世紀から20世紀にかけて、イギリスでは「猫肉屋」が存在した
保護した愛犬と共に、助けを必要とする多くの犬を救う旅を続ける男性(アメリカ)
2021年はどうなる?霊能力をもつ盲目の予言者、ババ・ヴァンガの予測
米軍の次世代戦闘機にR2-D2が!? AI副操縦士を搭載した偵察機の飛行実験(アメリカ)