(C)Voyagerix / Shutterstock 

12月25日に放送された『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)に、世界的アーティストビリーアイリッシュが出演。日本のテレビで初のパフォーマンスを披露したのだが、物議を醸しているようだ。

【関連】『Mステ』大トリを巡って“嵐”ファン激怒! しかし「民度低すぎ」との反論も… ほか

ビリーは、アメリカロサンゼルスシンガーソングライターで、現在19歳。2019年3月に発売されたデビューアルバムは、全世界18カ国で1位を獲得した。今年1月に行われた『第62回グラミー賞』では、主要4部門に加えて合計5部門を史上最年少の18歳で受賞。いま最も旬で影響力のあるアーティストの1人だ。

Mステ』にビリーは、作曲家・音楽プロデューサーでもある実兄のフィニアスとともに、ロサンゼルスからリモートで出演。YouTubeで再生回数10億回を突破した、代表曲のひとつ『bad guy』を披露することに。

2人はソファーに座り、フィニアスはアコースティックギターを弾いてコーラスも担当。ビリーギターの音色に合わせて、しっとりと歌唱した。

『Mステ』ビリー・アイリッシュに視聴者激怒!「腹から声出せ」「舐め過ぎで草」

ビリー・アイリッシュに怒る音楽好き

このパフォーマンス視聴者からは、

《舐め過ぎで草》
《馬鹿にしとんか》
腹から声出せ
タモリ怒ってええぞ》
《これで大金得てると思うとガチで羨ましい》
《こんなん放送する価値まるでないだろ》
《「所詮は日本の音楽番組。一発録りの適当な歌でいいだろ」って感じが伝わってきた》

といった声があがっている。ソファーに座り、リラックスした雰囲気だったからか、「舐めてる」と感じる視聴者もいたようだ。

ビリーアイリッシュは、歌い上げないボーカルが特徴的なアーティスト。『bad guy』は代表曲になっていますが、テンポが速い〝飛び道具〟のような楽曲です。CD音源でも、お腹から声を出しているワケではないのですが…。そして、彼女の本質は『wish you were gay』のような、ゆったりとしたトラックでこそ輝きます。むしろ今回のようなアコギだけの『bad guy』は、彼女のボーカリストとしての本質がつまったパフォーマンスだと思います。歌い上げることこそボーカリストの魅力と考えているほうが、音楽を舐めているように感じますが…」(音楽ライター

ビリーの後には1組を挟んでLiSAが登場し、『鬼滅の刃主題歌2曲を情熱的に歌い上げていた。この2組のコントラストは、〝いま日本で何がウケるか〟を体現しているように思える。

【画像】

Voyagerix / Shutterstock