女優、声優、ナレーターと活躍する戸田恵子(63)。年末もドラマの撮影を終えるとアニメそれいけ!アンパンマン』の収録と忙しい。しかも今年は大晦日カウントダウンイベント『ももいろ歌合戦』への出演が決まっており、還暦越えとは思えぬバイタリティーである。戸田自身も名曲と評判のナンバーを歌うとあって、疲れるどころかテンションが上がっているようだ。

12月28日に「ぱとろーるおさめ。」とブログを更新した戸田恵子主人公アンパンマンの声を務める『それいけ!アンパンマン』(日本テレビほか)が年内最後の収録を終えたことを報告した。今年はコロナ禍で初めて収録を休み、リモート収録に変化しながらなんとか迎えた仕事納めに感慨深げである。「1日も早く元通り、全員がスタジオに入って、ラジオ体操からスタートするレギュラーに戻りたいです! その日まで諦めず頑張るのみです」と言葉に思いを込めていた。

妻夫木聡主演のTBS系日曜劇場『危険なビーナス』(12月13日終了)で戸田恵子が遺産争いにより緊迫する矢神家の金庫番・矢神波恵役を好演したことは記憶に新しい。ブログによると、そのオンエアからほどなくして24日に京都入りし「Xmasも何もあったもんじゃ無ーい! 台詞地獄じゃわい」という状況で台本を覚えたという。それでも上川隆也主演のテレビ朝日系刑事ドラマシリーズ『遺留捜査』のロケに臨み、刑事・佐倉路花役を演じ切った。

28日に「コロナ禍での撮影は、本当にビクビクの神経ハリハリです。スタッフキャスト全員で年内の撮影を乗り切りました。ホッとしています」と京都から自宅に戻ったことを投稿しており、それから『それいけ!アンパンマン』の収録というハードスケジュールである。

そんな戸田恵子が、12月31日に開催されるももいろクローバーZによる年越しイベント『第4回 ももいろ歌合戦』に初出場する。『ももいろ歌合戦』公式サイトによると、戸田恵子は白組の10番目に出場して『強がり』を披露する予定だ。

戸田は小学5年生で地元愛知県NHK名古屋放送児童劇団に入りテレビドラマ中学生日記』の前身番組『中学生群像』で女優デビューすると、1973年に上京して翌年に「あゆ朱美」名義でアイドル演歌歌手としてデビューした。折しも12月29日放送の『今でしょ×家事ヤロウ 豪華合体4時間SP』で企画された「日本の音楽史を変えた天才!筒美京平のスゴい名曲BEST20を大発表SP」に出演した戸田恵子が、「あゆ朱美」時代に郷ひろみが『よろしく哀愁』(1974年9月発売)を歌うステージの袖から女性歌手たちとのぞいて見惚れていたことを回想している。

歌手としては女優や声優ほど実績のなかった戸田だが、2007年9月にアルバムアクトレス』をリリースして歌手活動を再開したところ、舞台で披露した収録曲の中村中書き下ろしによるバラード『強がり』が反響を呼び、同年12月シングル化された。今年3月公開された映画『星屑の町』では、ベテラン女性歌手・キティ岩城役を務めた戸田恵子が『強がり』をセルフカバーして話題になった。

戸田は28日、ランチに「とろろせいろ」を食べてパワーチャージすると「夕方には元気になってきました。夜は『ももいろ歌合戦』の衣裳のfitting! そうです! 今年は31日までお仕事します」とやる気満々だ。『強がり』だけでなく「スペシャルステージ機動戦士ガンダム~はじまりのはじまり~」ではガンダムの挿入歌『いまはおやすみ』を歌う予定になっており、戸田自身が「大晦日は私も大いに楽しんできたいと思います」というから期待が高まる。

画像2~4枚目は『戸田恵子 2020年12月28日付オフィシャルブログ「ほっ。」「ぱとろーるおさめ。」、2020年11月29日付オフィシャルブログ「おいっこです。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト