2021年1月2日(土)、大ヒットドラマスペシャル版「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」(夜9:00-11:25、TBS系)が放送される。契約結婚から生まれた恋を経て、みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後が描かれる。

【写真を見る】美しい…!新垣結衣“みくり”の純白ウエディングドレス姿

再放送も全話トレンド入りの人気ぶり

逃げるは恥だが役に立つ」は2016年10月期に連続ドラマとして放送された大ヒット作品。

海野つなみの同名漫画を原作に、職ナシ・彼氏ナシ・居場所ナシの主人公・森山みくりが恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡と“仕事”として契約結婚。「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識しだす…というストーリーが描かれた。

連続ドラマ放送時は回を重ねるごとに視聴率が右肩上がりで、最終回では平均視聴率20.8%を記録(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。また、エンディングメインキャストが踊る「恋ダンス」は幅広い世代の視聴者ダンス動画をSNSに投稿するなど社会現象に。放送当時、期間限定でYouTubeにて公開された「恋ダンス」映像は累計1億回再生を記録した。

2020年5月からは、未公開シーンや未公開カットを新たに加えた「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」を放送。放送前からSNSに期待の声が続々寄せられ、放送中は「逃げ恥」「みくりさん」がTwitterのトレンドワードで世界1位にランクイン。

再放送にも関わらず全話がトレンド入りするなど、4年経っても根強い人気を保ち続けていることを証明した。また、特別編エンドロールではメインキャストが「リモート恋ダンス」を踊る映像がサプライズで流れ、さらに盛り上がりを見せた。

今回の新春スペシャルドラマでは、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後を描く。脚本は原作の10巻と11巻をもとに、脚本は連続ドラマに引き続いて野木亜紀子が担当する。

■「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」あらすじ

家庭という仕事場の「共同経営者」であるみくり(新垣)と平匡(星野)。共働きとなり、2人に最適な家事の分担もできて、平和で幸せな日々を過ごしていた。女子社員の「出産の順番待ち」、みくりの会社ではそんな話題も出ていた。

そんな中、みくりの妊娠が発覚。2人はついに正式に結婚をすることになるが、入籍をめぐって一悶着が巻き起こる。

つわりで苦しむみくりを見て、大切なプロジェクトを前に育休を取ることを決める平匡だったが、窮地を支えてくれたのは昔の同僚である沼田(古田新太)たちだった。

家事の役割分担など暮らしの再構築を目指すみくりと平匡。だが、出産、育児と慣れない出来事の連続に翻弄されていく。

一方、百合(石田ゆり子)も人生の大きな転機を迎えていた。そして、“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離ればなれの日々を過ごすことに。2人は再び“ハグの日”を取り戻すべく、最適解を求めて奮闘する。

公開されている予告動画では、みくりが「妊娠したんです!」と嬉しそうに平匡に報告するシーンや、「つらい!」と泣き崩れるみくりに平匡が「泣きたいのはこっちですよ!」と叫ぶシーン、平匡の「このまま、二度と会えなかったら…」というセリフや、みくりが平匡に「一緒に勉強して、親になって…夫婦って、そういうことじゃないんですか?」と言い募る場面などが収められ、みくりと平匡の波乱万丈な結婚生活を予感させる。

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」はTBS系1月2日夜9時放送。

「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」場面写真/(C)TBS