「理由としては、客観的なものですが、当時のSNS事情なんですが、弱っている人に対して、犯罪をしてしまう、騙すことができる環境ができあがっていたので、次々と犯行ができました」

 神奈川県座間市内のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗や強制性交殺人などの疑いで起訴された白石隆浩被告(30)に対して、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)は、死刑を言い渡した。冒頭の言葉は、2020年11月25日の最後の被告人質問で、裁判官から「なぜ自分がこのような事件を起こしたと思うか?」との問いかけに答えたものだ。

「50~60万円。天秤にかけたとしてどうなのかな?」と自問

 この裁判では、白石被告は、犯行動機について「女性のヒモになれるか、ヒモになれないなら失神させてレイプし、殺害する」と述べていた。加えて、所持金を奪うことも目的だったと話していた。被害者は10代と20代で、なかには高校生大学生、無職の人もいた。ヒモになりたいならば、なぜこうした経済状況の人を選んだのかがはっきりしない。

 6人目の被害者女子高生のFさん(当時17)に対して、白石被告は「ヒモになって、定期的にお金を引っ張ってもいいかなと思っていました。寝ることがなければ、帰るように説得していたかもしれません」と答えている。つまりは、女子高生のヒモになろうとしたという。一般的な感覚からすれば、女子高生が当時27歳の男を養うとは考えにくい。しかも月額で5000円。ヒモになるのに、そのくらいの額でいいと思えるのは不思議だ。

 所持金を奪う目的もあったと言い、1人目の被害者Aさん(当時21)からはアパートの賃貸借契約に必要な額を含む51万円を借り、残額36万円の返済を免れるために殺害した後に所持金数万円も奪った。Bさん(当時15)からは所持金数千円、Cさん(当時20歳)からは所持金数千円、Dさん(当時19)からは所持金数百円、Eさん(当時26)からは所持金数千円、Fさんからは所持金数千円。Gさん(当時17)からは所持金数万円、アルバイトのHさん(当時25)からは所持金数百円、Iさん(当時23)からは所持金数百円をそれぞれ奪った。

 総額60万円にも満たない。そんな額のために、殺人を犯したのか。筆者との面会でも「殺害して入手できたのは50~60万円。(殺害のリスクと)天秤にかけたとしてどうなのかな?」と自問していたほどだ。所持金を奪って「生活費として使った」と法廷で述べていたが、説得力にかける気もする。

100問以上も「黙秘します」と答えていた

 筆者も含めて、傍聴人の中には、事件の背景が解明されたとは言い難いために、釈然としない感情が残っている。白石被告は弁護側の質問に対して、100問以上も「黙秘します」と答えていた。たとえば、以下の質問に答えていない。

Aさんと一緒に住もうという話になったということなんですが、平成29年8月17日朝7時45分、Aさんは、電車で相武台へ来たのですか?」

「2人で幸せに暮らすという認識なんですか?」

8月18日午後5時9分、相模大野駅近くのコンビニへ行っていますよね。その後、ガムテープとロープを購入した記録があるが、Aさんと一緒に買いに行った?」

片瀬江ノ島駅携帯電話を海に捨てるという指示をしているが、自分から提案した?」

片瀬江ノ島駅付近には、Aさんが友人と自殺を図り、友人だけが亡くなった場所があります。Aさんからその話を聞いていた?」

携帯電話を捨てた後、白石さんと生活するはずだったとすると、Aさんは新しい携帯電話が必要ですよね。捨てた後のことについて、白石さんは何か言いましたか?」

片瀬江ノ島駅に捨てるように指示したのは、ICカード携帯電話、身分証、財布でしたね? アパートに戻った後、財布を捨てたのは確認した?」

「Bさんに、財布は捨てるけど、お金は持って帰るようにと指示した?」

「Bさんに失踪を勧めたということですが、失踪することについてほんとにうまくいくのか、という質問をBさんから受けませんでしたか?」

「失踪すると親や警察から連絡が来るようになることを心配していますと言われませんでしたか?」

 これらの質問への答えは不明だが、「言いたいことはすべて言った」「(これ以上、言いたいことは)ありません」などと白石被告は言っている。判決では、「捜査段階から罪を認め、公判廷でも記憶の限り素直に供述」としている。たしかに、そうした姿勢はあったが、弁護側の多くの質問に答えていないことで、明らかになっていない部分も多い。

「家族歴」は検証可能な方法で提出されていない

 明らかになっていないポイントは他にもある。白石被告が、どんな風に生きてきたのかという生育歴だ。精神鑑定では、鑑定医が被告人と21回、合計62時間の面接や医学的検査、心理検査を行っている。また、父親の面接結果や母親の捜査段階の供述調書、母子手帳などを検討し、「家族歴」を鑑定書とは別にまとめているとして、判決では「検討が不十分であるとは言えない」とした。

 しかし、「家族歴」は検証可能な方法で提出されていない。また、母親の証言は捜査段階のみで、精神鑑定に必要な面接を行なっていない。もちろん、今回の犯行と家族歴とには因果関係があるとは言えないが、このあたりが明らかになっていないために、全体として事件の解明という点では消化不良な気がしてならない。

 そして、冒頭の言葉に戻ると、裁判官としては白石被告の主観的な思いを聞きたかったと思えるような質問だが、白石被告はSNSの状況について述べた。意図的に主観を明かすのを避けたのか、あるいは質問の意味を誤って理解したのか――。判決が示すように、「記憶の限り素直に」答えていた印象は筆者も感じたが、本心はなかなか見せなかったのではないか。

 死刑判決を受けた白石被告の弁護人が控訴していたが、12月21日になって白石被告本人が控訴取り下げ書を提出した。2021年1月5日0時には、死刑判決が確定する予定だ。このまま本心を明かすことなく、死刑執行を待つのだろうか。

(渋井 哲也)

白石隆浩被告 ©文藝春秋