「学費も税金も払えていない」と嘆く声

「学費も税金も払えていない」と嘆く声

かつては「年収300万円時代が到来する」といわれたものだが、今や「年収300万円ならマシな時代」に変わりつつあるようだ。大阪府の40代既婚男性は、夫婦と子ども1人の3人家族で世帯年収350万円。キャリコネニュースに「贅沢せずに、貧相な生活」という声を寄せている。ほかの年収300万円台の核家族世帯からも、

「食べることには困らないが、貯金や贅沢はできていない。主人のボーナスがないので、私がパートを辞めたら生活できない」(30代女性/佐賀県サービス系/世帯年収300万円
「家のローンもあって食費を抑えている。不満しかない」(60代女性/岡山県パートアルバイト/世帯年収350万円)

と生活苦に喘ぐ声が上がった。(文:鹿賀大資)

「夫婦2人分のローンがある。もうどこからも借りられない」

子どものいる年収300万円台世帯の場合、「年収300万円ならマシ」とは言い難いだろう。子どもの人数が増えれば、なおさらだ。香川県の40代既婚女性は、夫婦と子ども2人の4人家族で世帯年収300万円。自身はサービス系の会社でパートをしており、家計については「もちろん毎月赤字」と切り出す。

「学費も税金も払えていません。その催促も容赦なくやってきます。クレジットカードの夫婦2人分のローンも、もうどこからも借りられないくらいあります。自己破産も考えましたが、これから先、何か大きな買い物をしたい時にローンが組めないため、結局は踏みとどまっているところです」

女性が言う「大きな買い物」とは自家用車のことだ。

「税金だって、払いたくないから払っていないわけではありません」

「『車を持たなければいいじゃないか』と思う方もいるかもしれませんが」と前置きしたうえで、女性は「車がなければ仕事にも行けません。交通の便がいい都会とは違います」と明かす。つまり自己破産をすれば、車の買い替えができず職まで失ってしまうリスクもあるということだ。

女性家族の厳しい現実は、これにとどまらない。

「児童手当をもらっていても、子どもたちの給食費が滞っているので、その支払いに回ってしまいます。税金だって、払いたくないから払っていないわけではありません。そこを払ってしまったら、もう私たち家族は生きていけない状況なのです」

女性は「こんな生活を送っているので、国にはもっと年収の格差がなくなるような社会にしてほしいです。不満しかありません」と書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

年収300万円、地方4人家族の生活「自己破産したら車のローンが組めなくなる。車がなければ仕事にも行けない」