「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」の仕様書の一部

平成23年原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」の仕様書の一部

ニコニコニュース(オリジナル)

 「ツイッターブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する」――。経済産業省・資源エネルギー庁が2011年6月24日に入札を公示して委託業者を募集した、このような事業がインターネット上で話題になっている。

 この事業とは、原子力などエネルギー政策を所管する経済産業省・資源エネルギー庁のホームページにある「平成23年原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」のことだ。事業の入札に関する仕様書には、事業内容のひとつとして

ツイッターブログなどインターネット上の原子力放射線等に関する情報を常時モニタリングし、風評被害を招くおそれのある正確ではない情報又は不適切な情報を調査・分析すること。モニタリングの対象とする情報媒体及びモニタリングの方法については、具体的な提案をすること」

と書かれている。さらに、この仕様書には「提案事項」の項目があり、その中に「モニタリングの対象とする情報媒体(ツイッターは必須)」と書かれているのだ。

■「ツイッター必須」の理由は?

「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」の仕様書の一部

平成23年原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」の仕様書の一部

ニコニコニュース(オリジナル)

 資源エネルギー庁の広報はニコニコニュースの電話取材に応じ、モニタリングする目的について「原子力発電所関連の間違っている情報が広がっても、われわれ(資源エネルギー庁)は訂正する立場ではないが、ホームページ等で正しい情報を提供することはできる」とした上で「正しい情報が足りているかどうか知るため」と述べた。

 モニタリングの対象として「ツイッター必須」となった理由について、同広報は「対象となる(情報の)数が多いから」とし「(ツイッターは)平均的というと語弊があるが、一般的な人たちが感想を述べる場(だから)」と語った。

 また「モニタリング」の意味については、「モニタリングは(あくまで)モニタリング」とした上で「いろんな人の情報を集めるということ」と話した。なお入札は7月13日に締め切られ、7月15日に業者が決定する(15日19時の時点では未発表)。同広報によると、2社から入札があったという。予算は公表されていない。

 この事業に対して、ツイッター上では「いきすぎると言論統制」や「こんなもの違憲。絶対ダメ。恥を知るべき」といった批判的なコメントが多数を占めている。

(山下真史)

◇関連サイト
・入札公告 - 経済産業省・資源エネルギー
http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1106/110624b/110624b.htm
・「平成23年原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」仕様書PDF
http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1106/110624b/3.pdf

「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」の仕様書の一部