北海道で新種のアンモナイトを発見

新種のアンモナイトを発見 / 三笠市立博物館提供

 アンモナイトと言えば古生代から中生代白亜紀末まで、およそ3億5000万年間もの長い間海に多く生息していた頭足類の仲間だ。白亜紀末にあった5回目の大量絶滅により地球上から姿を消した。

 今やアンモナイトの手がかりと言えば化石のみだ。そんな中、北海道羽幌町で新種のアンモナイトが発見されたという。

 一般的なアンモナイトカタツムリのような渦巻きが特徴だが、新たに発見されたアンモナイトワインコルク抜きのような螺旋状の渦巻きを持つ「異常巻き」の類で「Yezoceras elegans(エゾセラス・エレガンス)」と命名されたという。

―あわせて読みたい―

図解:かつて地球内生命体が経験した5度の大量絶滅。そして6度目はじわじわと進行中
2000万年以上前の螺旋状の化石「悪魔のコルク抜き」の謎に迫る(アメリカ)
大量絶滅、カンブリア爆発など、地球内生命体の進化に重要な意味を持つ、かつて起きた8つの大規模イベント
クトゥルフ感が凄い。オウムガイの触手にズームイン!
6800万年前を生きたクリップ型のイカのような姿に見える水中生物は200年の寿命を持っていた(米研究)

北海道で発見された異常巻きの新種のアンモナイト


北海道で新種のアンモナイトを発見
三笠市立博物館提供

 アンモナイトは、4億年前ごろに現れて世界中の海で栄え、6550万年前に起きた5回目の大量絶滅(K-Pg境界)で姿を消した。

 カタツムリの殻のような一般的なタイプは正常巻きと呼ばれ、渦がない直線状のものや、巻き貝のような渦を持つ者は異常巻きと呼ばれている。

 今回北海道羽幌町にある中生代白亜紀コニアシアン期(約8980~8630万年前)の地層から発見された8点の化石は新種の異常巻きアンモナイトだ。

 これらは「Yezoceras elegans(エゾセラス・エレガンス)」と命名された。

3_e

三笠市立博物館提供

短期間で独自に種分化したエゾセラス属


 新種エゾセラス・エレガンスは同属の別種エゾセラス・ノドサム (Yezoceras nodosum) より派生したものと考えられている。

 エゾセラス属はこれまでに1977年に発見された2種が知られていたが、今回発見された3種目となる8つの標本は、互いに接することがなく大回りに緩やかにカーブしたバネ状の螺環と、螺環下部に集中している2列の突起が特徴で、これらの特徴は既存種の特徴と異なっている。

4_e

三笠市立博物館提供

 現時点で3種のエゾセラス属はいずれも北海道内の白亜紀コニアシアン期からの産出されている。この事から、エゾセラス属はこの地域に固有であり、短期間で独自に種分化したものと推測された。なお、エゾセラス属の新種が見つかるのは、1977年以来、44年ぶりとのこと。

5_e

三笠市立博物館提供

 エゾセラス属以外にも、北西太平洋地域の同時代の異常巻きアンモナイト類は、なぜか固有種が多い一方で、正常巻きのアンモナイト類には汎世界的な分布をするものが多く知られている。

 当時の海洋がどのような環境下にあり、このような違いがなぜ起きたのかはいまだ謎に包まれている。エゾセラス属をはじめとして、異常巻きアンモナイト類の各系統の進化の傾向や環境変動との関係性をひとつひとつ明らかにしていくことで、その謎に迫ることができるかもしれない。

References:北海道羽幌町より新種の異常巻きアンモナイトを発見 | 三笠市立博物館/ written by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52298348.html
 

こちらもオススメ!

―絶滅・絶滅危惧種生物についての記事―

地球史上最大のサメ「メガロドン」は母親の胎内で熾烈な生存競争を繰り広げていた可能性
絶滅危機種のクロアシイタチに新型コロナワクチン接種(アメリカ)
永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)
肩から針が突き出た新種の恐竜が発見される。その名は「神の槍」(ブラジル)
6800万年前を生きたクリップ型のイカのような姿に見える水中生物は200年の寿命を持っていた(米研究)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

宇宙での移住先は月でも火星でもなく準惑星ケレス? フィンランドの研究者が恒久的な人間の居住地を作る提案
いつもより速く回っています。地球の自転が過去50年で最速になり、逆うるう秒導入の可能性が浮上
鳥のフンを食べるのと一緒。つららを食べてはいけない理由を気象学者がSNSで訴える
気候変動が地球に与えた影響が一目瞭然でわかるNASAのビフォア・アフター画像
火星ミッションから流星群まで、2021年度に注目したい14の宇宙関連イベントカレンダー
新種の異常巻きアンモナイトが北海道で発見される