ファーストサマーウイカ(写真提供:JP News

15日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、人気企画「人志松本の酒のツマミになる話」を放送。ファーストサマーウイカが吐露した”ある悩み”に、注目が集まっている。


■若者に浸透する関西弁

スタジオで酒を飲み、ざっくばらんに会話を楽しむ同企画。今回、中でも盛り上がったのは「関西弁」について。ダウンタウンが上京してきた約30年前には、東京で関西弁を使う人間はほとんどいなかったものの、現在、若者を中心に流行っているとの話に。

”若者代表”として出演したタレント安斉かれんも、「何でやねん」「おもろ」などと周囲の人間もよく言っていると話す。そうした中、ウイカはある悩みを持っているという。


関連記事:ファーストサマーウイカ、KinKi Kids真似ていた過去を告白 「堂本ハイブリッド派です」

■「どうしよう…」

大阪府出身であり、かつそのキャラクター上、こてこての関西弁を使うことも多いウイカ。台本の時点で関西弁で書かれていることも多いそうで、それ通りにやると、なんと全国の視聴者からバッシングが来るのだという。

関西方面からは「関西人がみんなお前みたいなんやと思うな」と責められ、関東からは「大阪売りが激しすぎる」と怒られるといい、「どうしよう…」と悩んだこともあったそうだ。

■「全然気にならない」

そうしたおり、同府で育ったモデルのアンミカが、番組によって標準語と関西弁を使い分けていることを知り「そうやってすみ分けていけばいいんや…」と学んだというウイカ。

一方、視聴者からは「全然気にならない…ていうか、あの関西弁があってこそのウイカさん」「これからもバリバリ関西弁期待してます」といった声が多く寄せられていた。


■上京後も方言を使っている?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の地方から上京した男女160名を対象に調査を実施したところ、全体で26.5%の人が「上京後も方言を使っている」と回答。若い世代ほど、その傾向が顕著なようだ。

上京後も方言

歯に衣着せぬトークが話題となり、今ではテレビに引っ張りだこのウイカ。まくし立てるような関西弁にも定評があるが、一部からは「標準語も見てみたい」との声もあるようだ。

・合わせて読みたい→ウイカ、メンバーと噛み合わず悩む乃木坂46・山崎玲奈を分析 「噛み合わせる気ない」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日2017年7月17日
対象:全国20代~60代の上京した男女160名 (有効回答数)

ウイカ、全国から来るバッシングの内容に悩み 「お前みたいな…」