2021年1月、調べてみるとこのツイートの初出典は、かなり前らしい。それでも、人々が忘れ去った頃に、その内容に激しく同意する人がいて、再び脚光を浴びる、いつまでも色あせないものだ。

 「ベトナム、韓国にキレる」。ベトナムは、昔、貧しい国だった。しかし、ベトナム戦争を乗り越えて、いろんな面で発展していることは、世界でも知られるところだ。

 以前、メイドイン中国やメイドイン韓国の製品は、本当に粗悪なものの代表だった。中国製だから韓国製だから仕方ない。高価なものが買えない場合、あるいは、生産国を確認して買えなかった場合に何も考えずに諦めて使う国の2強だったような気がする。

 しかし、最近アパレルのタグを見ると、メイドインベトナムが多い。しかし、残念感は少なく、縫製がしっかりしていることに満足していたりする。ベトナム製の靴も評判が良い。工賃が安くても、どこかの2強のように手を抜かないのが、ベトナム魂なのかもしれない。

 そんなベトナムを、韓国は「最貧国」呼ばわりをした。しかし、ベトナムは、韓国に一喝した。

 「我々は、フランスアメリカ、中国と戦い、独立したが、賠償を要求したことはない。多額の賠償金と援助でぬくぬくと成長した韓国に言われる筋合いはない。ベトナム人と韓国人の国家自尊心の差だ」とても立派だ。

よくぞ言ってくれました! ベトナム

 ライダハンというとてもつらい、非人道的なことをされたというのに、韓国に倍書金も謝罪も求めていない、ベトナムは。またネチネチ言わない。そのベトナムに同情した世界各国が、韓国にライダハンの事実を折りに触れ突き付けているが、韓国の面の皮は厚い。

 細かく言うと、ベトナムにも責められることは多々ある。しかし、韓国にきっぱり言えるのは、今や、北朝鮮ベトナムしかないのかもしれない。

 日本ももっと毅然とした態度で、ゆすりたかりを永久に許すことはやめなければならない。与えたら与えただけ欲しがる守銭奴の国には。

ベトナム サパ