即席めんの明星食品が2021年1月11日、驚くべき商品を発売した。看板商品の「中華三昧」が、なんと「2食5000円」だという。しかも、これがアマゾンオンラインショップでバカ売れしているらしい。

明星食品に発売の経緯と売れ行きなどの動向を聞いてみた。

コロナ禍の巣ごもり需要で「振り切った」価格に挑む

インスタントラーメンの「チャルメラ」などでお馴染みの明星食品が、より本格的な味や麺の歯ごたえを提供している高級即席めん「中華三昧」を発売したのが1981年10月。当時、高級麺旋風を巻き起こし、画期的な即席めんとして多くのファンをつかんだ。

そんな明星食品は、1950年3月28日の創業。2020年で70周年を迎えた。それを記念して開発したのが、「明星 70周年記念商品 中華三昧 贅の極み」。2食セット5000円(税別)という価格で、1月11日からアマゾンオンラインショップで販売を開始した。

外観はまるで辞書の「広辞苑」のような、荘厳で真っ黒なボックスパッケージ。これを開くと、2種類の豪華な即席めんが入っている。

一つは、「魚翅姿煮拉麺(フカヒレスガタニラーメン)」。高級中華料理店で出てくるような、一枚もののフカヒレの姿煮を贅沢に使用。「紹興酒や生姜で味付けされている」とのことで、自宅でも本格的な超高級中華が楽しめる。

もう一つは、「極厚叉焼拉麺(ゴクアツチャーシューラーメン)」。約5センチメートルの極厚でボリューム満点なチ直火焼きャーシューが入っていて、お箸でほろほろと崩れるほど柔らかく煮込んだ逸品。こちらも「贅の極み」と呼ぶにふさわしい。

それにしても、即席めんで「2食5000円」とはかなりの高額商品だ。同社マーケティング本部第一グループの八木義之ブランドマネジャーは、

「『中華三昧』は、それまでの即席めんとは異なり、高級感を売りにしています。『中華三昧』のブランドイメージと、明星食品70周年と合わせて、覚悟を決めて『振り切った』商品で作ってみようと考えたところが、きっかけです」

と、経緯を語る。

アマゾンで発売当日は即完売!

ブランドマネジャー八木さんによると、商品開発においても、このコロナ禍の影響があったようで、

巣ごもり生活で、みなさんが外食に行きづらい昨今、ご自宅でも高級中華料理のようなものを味わっていただければ、という思いで開発しました。たとえば、街のラーメン店でも1食700~800円トッピングプラスすれば1000円とか。高級な中華料理店だと、2000円以上するメニューもありますよね。それを、ご自宅で好きな時に味わえるというところも、楽しんでいただけるかと思います」

という。

年賀の贈答品としても利用されていたようで、アマゾンオンラインショップでは、発売当日で即完売だった。14日からは楽天市場でも発売。販売は数量限定だが、在庫がある限り順次投入していく。

東京や大阪など緊急事態宣言が発令されたが、旅行や外出の自粛によって自宅でゆっくり過ごす人のニーズにマッチしたようだ。

八木さんは、

「正直、『のるかそるか』の勝負でしたが、大変なご反響をいただき、本当にありがたく思っています」

と話している。

パッケージは「広辞苑」を思わせる重厚感があり、贈答品としても格別なグレード