「本当はネガティブな性格」“日本一熱い男”・松岡修造、ポジティブへの転換点 から続く

 “日本一熱い男” として知られる松岡修造だが、2020年は心が「ずっと折れていた」と語る。そんな松岡が抱える葛藤と、東京オリンピックパラリンピックへの思いとは。『「弱さ」を「強さ」に変える ポジティブラーニング』を上梓した松岡に話を聞いた。(全3回の3回目/1回目から読む) 

◆ ◆ ◆

一番刺さったのは、アスリート以外の方たちの言葉

ーー新型コロナウイルスの猛威と、それを受けてのオリンピックパラリンピックの延期。さすがの松岡さんでも、2020年という一年は心が折れそうな場面がありましたか? 

松岡 基本、ずっと折れていたんじゃないですかね。人が骨を折ると、痛いですし、歩きにくくなります。でも、心が折れたとしても、それってなかなか分かりにくい。はたから見たら、いつもの松岡修造かもしれませんけれども、僕は折れているなかを進んでいる状態です。 

ーー確実にコロナ以前とは違うテンションになってしまったと。 

松岡 比べていいのかわかりませんが、取り巻く環境は間違いなくすべて変わってしまいました。おそらく元に戻ることはないでしょう。ただ違った形、新しい形になったからには、そこに自分をどれだけ適応できるかどうかが今後とても重要になっていくと思います。

ーー車いすテニス国枝慎吾さんの章で《コロナ前とコロナ後を比べるのではなく、今をしっかりと受け入れて前へ進むことが大事》と書かれていますが、そこにも繋がりますね。 

松岡 心からそう思っていますが、現実と完全に向き合えないところも正直まだあります。国枝さんは障害を受け入れるところからスタートしてきたからこそ、コロナも受け入れて次に進むバネにすることができている。そして昨年9月の全米オープンでは見事優勝したわけです。

 いろんな意味で国枝さんに勇気づけられると同時に、いまの世の中をしっかりと受け入れて前へ進むことが大事だと気づいたのは確かですし、今はそれを一所懸命に実践している最中ですね。 

ーーコロナは成績やケガとは違った“ままならなさ”をアスリートに突きつけてくるように思えます。 

松岡 アスリートの全員が全員とは言えませんが、コロナで人生が狂ってしまうとか、競技生活ができなくなってしまうとか、そういう局面ではないとは思います。スケジュールがなかなか出ない、練習場所がなくなったり、大会そのものがなくなったりと、たしかに大変ではありますが、僕が取材するアスリートたちは国枝さん同様に状況を受け入れようとしていると感じます。

 コロナ禍でいろいろな方にお話を伺う中で、僕が一番心に刺さったのは、ロケ先で乗ったタクシーの運転手さんが「やっぱり人がいない。コロナ禍になってお店もぜんぜん開いていない。お店の人がやる気がなくなっちゃうって言ってたんだよね」と仰っていた。

 やる気って、情熱なわけですよね。コロナというのは人間が生きる上でとても大切な情熱まで奪っているんだと改めて気づかされたんです。アスリートも、この状況が延々と続くのであれば情熱が揺らいでしまうかもしれない。でも、心は変えられるので、少しでも心をポジティブにしていかないと。

「僕はやりたいことしかやってない」いつもある葛藤

ーー自分では熱い男とは思っていないと仰っていましたが、やはりコロナ禍だからこそ松岡さんに元気にしてもらいたいと期待する人は多いと思います。それを感じたり、元気にしないとみたいな使命感が生まれてきたりはするものですか? 

松岡 使命感というような立派な思いはないですね。本当の意味で人々を元気にしたいんだったら、ここで取材を受けている場合じゃない。もっと違う形で世の中に出て、死にものぐるいでやれることをやらないと。たとえば政治家になって社会の構造を良くしたり、支援に力を尽くすのが、本当の意味で元気にすることだと思います。 

 でも、僕はその選択をしなかったわけですよね。自分に向いているか向いていないかはわかりませんが、心の声を聞いた時にそれはしたくないなと思ったから。ほんと、僕はやりたいことしかやってないんです。そう考えた時に、ある意味で自分はすごく卑怯だなと考える時もあるし。 

ーー使命感ではなく、葛藤が生じることがあると。 

松岡 すごく人生を楽しんではいます。やりたいことをやっていますから。だけど、やっぱりどこかで「こんなんでいいのかな」って考え込むことがあります。みんな苦しんでいるのに、自分はこんなことしている場合なのかって、そういう葛藤はいつもあります。 

来年のオリンピックに思うこと

ーーあえてお訊ねしたいのですが、2021年オリンピックパラリンピックは開催されるべきだと思いますか? 

松岡 やれる環境にあるのであれば、これまでにはない使命感を持ったオリンピックパラリンピックになるでしょう。世界がひとつになれるはずのオリンピックなのに、各国が足並みを揃えられない部分が出てきたり、経済的な部分で肥大化してしまったと言われるようになったりと、回を重ねるごとに僕のなかでも疑問視することが多かった。

 ただ、今回の東京オリンピックパラリンピックが開催されるとなれば、コロナを乗り越えるという人々の希望がそこに集まりますし、勝ち負けだけではなく、スポーツを通して世界をひとつにするという本来のオリンピック精神を浮き彫りにできるのではないでしょうか。 

 そうした大会の実現へと向かわせるリーダーは、やはり開催国である日本なんですよね。開催が決まったら、そこは日本の皆さんで一丸となって応援したいですね。 

五輪が延期になり、灰になれなかった

ーー開催されるとなったら、1年も延期されたこともあるわけですから松岡さん史上最大級の応援をすることになりそうですね。 

松岡 僕は東京オリンピック日本代表選手団公式応援団長に就任させていただいて、松岡修造という人間が灰になっていなくなるくらいの思いで活動していたので、延期になったことで灰になれなかった。そこに対する思いは、すごいものがあります。

 ただ、今年行われるのであれば応援の形はだいぶ変わると思っています。勝ち負け以上に、アスリートががんばる姿、みんなが協力する姿。世界中の人々の心がひとつになっていく形ってどんなものだろうと考えてそれを探す、これまでになかったオリンピックになるでしょう。 

 そこから感じられる力を僕は追い求めたいし、それが今後の僕の生きがいに繋がってくるような漠然とした予感がある。これからの世界が大事にしていくべきものが、東京オリンピックパラリンピックにはあるはずです。 

写真=鈴木七絵/文藝春秋

(平田 裕介)

松岡修造