大坂なおみに「君はキャンドルだ」と声をかけたら…松岡修造が語る、トップアスリートの素顔 から続く

 テニス選手として類い稀な功績を持ち、“日本一熱い男”として知られる松岡修造。 「根は消極的で弱くてネガティブな人間」と語る松岡にとっての転換点や、一世を風靡した日めくりカレンダー「まいにち、修造!」の今後について聞いた。(全3回の2回目/1回目から読む) 

◆ ◆ ◆

テニス選手だった頃より、今のほうが楽しい

ーー松岡さん自身のお話もお伺いします。ほぼ日刊イトイ新聞で行われた糸井重里さんとの対談企画「松岡修造のポジティブ道」で、「今、ぼくがテニス選手として行動するのは一年を通しても本当に短い時間、ジュニア選手の強化をしている時だけなんですよ。それ以外は自分をテニス選手だと思ってもいないし、失礼ですが戻りたくもなくて」とおっしゃっていますが、この真意についてお聞かせください。 

松岡 ジュニア合宿や解説などでテニスに関わるのは喜んでさせていただいています。今の僕があるのはテニスのおかげですし、僕は日本人のなかでは一応パイオニアと言われていたからこそテニスについては自信を持って話すことができるので。

 ただ、他の分野に関しては自信を持って話すことは基本的にないんです。だって、やったことがないですし、他の人の言葉を聞いて、「僕はこう感じました」と言うことしかできないですから。そういう場では、テニスはまったく関係ないですし、持ち込んでもしょうがない。 

 現役を退いてからは、人を「応援する」ということを自分自身の明確な目標にしています。だから、自分自身がいままで成し遂げてきたことなんてどうでもいいと思ってしまうんですよね。テニスを教えることも“応援”の一つとして考えていますから。テニスについてはいろいろ言えますが、他の場ではテニスというものを通さなくても表現できるという感覚なんですね。

ーーテニスをされていたときは競技にまつわるスランプがあったと思いますが、現役を退いてからはスランプに陥ったことはあるのですか?  

松岡 テニスをやっていた時には結果がすべてだったので、勝っていないことがスランプですよね。いまのポジションではどのような状況がスランプなのか、ちょっと僕のなかではわからないです。ストレートに言ってしまうと、スランプを感じたことはないです。 

ーーテニス選手だった頃よりも、現在のほうが楽しいという感じでしょうか。 

松岡 楽しいです。いまの生き方のほうが向いています。もともとテニスの才能がないと言われていましたから。それなりに活躍はしましたが、それでも錦織選手を見ているとその才能が羨ましくなってしまいますし、こういう人こそテニスプレーヤーなんだなと思い知らされる。

 錦織選手の中で共感できるのは、メンタルサイドのものだけ。それは、僕がどうやったら自分の弱い部分を前向きにとらえられるかというところをずっと研究していたからこそなんですね。そういう弱さを前向きに変換する方法を“応援”を通じて多くの人に伝えていくことが、いまはとっても面白いです。 

実は、もともとはネガティブな性格だった

ーー今回の本で驚いたのが、《根は消極的で弱くてネガティブな人間》とお書きになっていることです。「根は」とありますから、ベースネガティブ。それを変えた、もしくは表に出さないように心掛けたのはいつぐらいからですか? 

松岡 実践的な面でいうと、テニスでプロになって海外のメンタルトレーナーと交流をするようになってからですね。弱い部分を持っていても、それを前向きなものに変換というか表現してしまう。

 でも、これはみなさんもやっているはずだと思います。たとえば、受付の人なんて、まさにそうじゃないですか。どんなに疲れていても、笑顔で「おはようございます!」と言う。遊園地キャストの方々は、それを極めている。

 僕からしたら完璧なポジティブ思考法ですね。いつも心のなかがあんなに元気なわけがないですもの。でも、その時は元気だし、彼らと触れ合った人たちも元気になる。それはすごく大事なことだと思います。 

ーーいまや「熱い男」といえば松岡さんの顔が思い浮かびます。そうしたパブリック・イメージが、どのあたりから定着したとご自身で思いますか。 

松岡 “熱い”というものが“応援”だとすると、1996年の第36回フェドカップ伊達公子さんを応援した時ですかね。伊達さんが、世界ランキング1位だったシュテフィ・グラフに勝利した大会です。まだ僕は現役でしたけど、あの頃からそうしたイメージがついてきたのではないかと思います。

 ただ、“応援”に関しては昔から同じです。メディアに出ることが多くなったことによって、そもそも僕が持っていた“応援”の表現が皆さんに“熱い”ものとして伝わっていったのではないでしょうか。 

ーー「僕自身は変わってないのに、そういうふうに思われてしまう」みたいな戸惑いを抱いたりは……。 

松岡 それはないですね。僕にとってけっしてマイナスな要素ではないですから。周りが元気だと思ってくれているから、僕も自然と元気になっていくことって実際あるんです。勝手に僕がみなさんからプラスエネルギーをもらっている感覚なんですよ。ただ、自分では熱いとは思っていませんし。言ってみれば、やはりネガティブですから。みなさんが良い意味で勘違いしてくれていると思います。 

「まいにち、修造!」、ストックはまだまだある

ーー松岡さんの日めくりカレンダー「まいにち、修造!」についてもお聞かせください。《ミトコンドリアは君のやる気を待っている》《僕は君の修クリーム》《後ろを見るな!前も見るな!今を見ろ!》と至言と名言の宝庫ですが、座右の銘まではいかずとも気に入っている言葉はありますか? 

松岡 日めくりカレンダーにも載せているのですが、いまだったら《君にもできる!金メダルスマイル》。金メダル級のスマイルは、誰にでも作ることができるんです。オリンピックに向けて作ったメッセージですが、これはコロナ禍のいまこそ活きるはず。

 普通に話をしているときでも顔を笑顔にすることで変わるんですよ。口角を上げる、つまり顔のベースを笑顔にする。そうすると相手のほうもすごく話しやすくなって、ポジティブな雰囲気が生まれる。僕は誰かと会う時に、口角を上げることを強く意識しています。 

ーーそういえば、今年のカレンダーの発売アナウンスがないままですが……。 

松岡 メッセージはムチャクチャためてあります。出版するかどうかについては版元のPHP研究所さんのご判断になりますね。ありがたいことに、今までずっと一緒にやってきた担当の方が、この日めくりをすごく大事に思ってくださっていて。

 2014年に最初の日めくりを出した後、翌年第2弾を出したいと言ったら「第1弾以上のものは絶対に出せないからやめましょう」と断られたくらいです。だから、当時渾身の力を振り絞ってメッセージを作って担当の方にOKをもらいました。

 でも、実は、このお話をいただいた当初、僕自身は日めくりカレンダーに対してネガティブな気持ちを抱いていたんです。笑顔で拳を突き出している僕が表紙で、タイトルが「まいにち、修造!」って果たしてどうなんだろうと。こんなに恥ずかしいカレンダーをレジまで持っていける人なんていないだろうと思っていました。

 そうしたらとてつもなくヒットした。凄まじい振り幅でネガティブからポジティブに変わったんです。そして、ネガティブに見えるものにもポジティブが隠されていると気付きました。あのカレンダーを通して、ネガティブなものには可能性がすごく秘められているんだと教えてもらいましたね。

ーーメッセージは書き溜めていらっしゃるのですね。エクセルかなにかを使って整理しているのですか? 

松岡 浮かんだら、いつもワードに書き残しています。タブレットスマホデスクトップ、どこからでも書けるようにクラウドストレージに保存しています。ストックはありますが、それを形にしてくれるかどうかはPHPさんの判断になりますね。 

【続きを読む】「僕はやりたいことしかやってない。ある意味で卑怯」熱い男・松岡修造が抱える「葛藤」

写真=鈴木七絵/文藝春秋

「僕はやりたいことしかやってない。ある意味で卑怯」熱い男・松岡修造が抱える「葛藤」 へ続く

(平田 裕介)

松岡修造さん