1995年3月、地下鉄サリン事件が世間を震撼させた。事件から2日後の3月22日に、警視庁オウム真理教に対する強制捜査を実施し、やがて教団の犯した事件に関与したとされる信者が次々と逮捕された。地下鉄サリン事件の逮捕者は40人近くに及んだ。 サリンを撒いた実行犯たちに死刑判決が下される中、いわば「現場指揮者」だった井上嘉浩にだけは、無期懲役が言い渡された。

 その判決公判廷の傍聴席にいたのが、ジャーナリストの青沼陽一郎氏だ。判決に至るまでの記録を、青沼氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の1回目。後編を読む)

◆◆◆

少年のままの精神状態

 さすがにこのあと、検察から死刑を求刑された時には、井上も現実に目覚めないわけにはいかなかった。捜査協力をしてきた検察はわかっていてくれる、あるいは、麻原を追い詰める同志、あるいは味方とでも勘違いしていたのだろう。裏切られた、自分は利用されただけだったのか、とでも言いたそうな、これまでになく蒼白で神妙な顔付きだった。

 一方、こうした裁判から浮き上がってきた井上の稚拙さを、巧みに取り上げたのが弁護側だった。井上の犯した罪は「本質的に少年犯罪である」と主張したのだ。16歳オウムを知り、高校卒業と同時に出家した井上は、社会を知らなかった。閉鎖的な価値観と環境の中で、20歳を超えた大人であれば当然身につけたであろう社会的経験や人格形成を欠いた。麻原一辺倒の世界観の中で発達が阻害された、16歳の少年の精神状態にある。それが、この一連の裁判によって証明されている。反省をしたくても、それが遺族に伝わらない現実に、いまはじめて大人への一歩を踏み出したものだ、と主張するのだった。

 要するに、この男は子どもなのだ。独り善がりの正義感を振りかざして、ヒーローになったつもりが、無差別に人を殺した。それでいて、責任の取り方を知らなかった。誰も教えてはくれなかった。そのことをはじめて知る機会に巡り会った──弁護人がいうその時に判決が待ち構えていた。

「被告人、しっかりしなさい!」

 主文の言い渡しは後回しだった。

 当然、ぼくは死刑になるものだと思っていた。井上にも、その覚悟はあったのだろう。

 地下鉄サリン事件で井上の果たした役割は大きかったし、他の殺人や監禁致死事件に指導的に関与していた。

 ところが、判決理由の終わり頃から、少しずつ雲行きが変わってきた。

 判決理由の中で、裁判長は地下鉄サリン事件における被告人の役割を「現場指揮者」でなく、「後方支援」「兵站役」と位置付け、他の地下鉄サリン事件の判決にない事実認定を行う。しかも、井上が罪に問われた殺人、殺人未遂事件のいずれにおいても、直接手を染めるような実行行為を行っていなかったことを優位に斟酌し、入信当時16歳の少年であったこと、反省、悔悟が真摯かつ顕著であるとして、「死刑という極刑を選択するには、なお幾分かの躊躇を感じざるをえない」と総括するのだった。そして、

「主文。被告人を無期懲役に処す」

 その瞬間、法廷の中央に立っていた井上は、「あ、ああ~……」と声にならないようなだらしない乾いた叫び声を挙げ、証言台の縁に両手をついて、右膝から折れ曲がるように、崩れはじめた。それも演出なのか、本音なのか、わからないほど、これまでの背筋を伸ばして毅然とした姿勢からはかけ離れた感情表現と泣き崩れぶりだった。しかし、そんな不様な態度を示すことは、裁判所が許さなかった。すかさず、これを見た裁判長が厳しく言った。

「被告人、しっかりしなさい!   裁判所のいうことを聞きなさい!」

「無期という生を与える選択」

 これまでになく一番厳しい言い方だった。井上がきちんと証言台に立ったのを見据えて、裁判長はこう付け加えたのだ。

「裁判所がこの判決にあたって、一番心にとめたのは、被告人らの残虐非道な犯行によって命を奪われた多くの方々、被害者とその家族の方々のことです。この法廷でも数多くの被害者、遺族の述べた憤り、悲しみ、苦痛、涙、それになんといっても被告人に対する厳しい言葉、激しい怒りが、裁判所の心を強く打ちました。審理を通じて判決に至るまで、そのことが裁判所の心から離れたことはありませんでした。ただ、裁判所としては、被告人が何よりそれを自分のこととして痛切に感じ、苦悩し、深く心に刻み込んだものと認め、各犯行の中にあって、わずかであれうかがうことのできた被告人の人間性を見て、無期という生を与える選択をしました。

 無期ですが、被告人に与えたのは、決して自由な日々でも、修行の日々や瞑想を送る日々でもありません。これからは自分たちの犯した凶悪な犯行の被害者のことを、一日、一時、一秒たりとも忘れることなく、特に宗教などに逃げ込むことなく、修行者でなく、一人の人間として、自らの犯した大罪を真剣に恐れ、苦しみ、悩み、反省し、謝罪し、慰謝するようにつとめなければなりません。そのためには、プライドとか自尊心とか傲慢さとか思い上がりとか、被告人が本件に関わるようになった全てを捨て去って、一人の素直な人間として、謝罪の日々を送らなければなりません。当裁判所が被告人に与えようというのは、そのような一時一時です。片時たりとも贖罪の気持ちを心から消し去ることのないように求めます。わかりましたか」

 わからなかった。少なくとも、ぼくにはわからなかった。

 もし、この裁判長のもとで、人格優秀と褒めたたえられた林泰男や豊田、廣瀬が裁かれたのなら、果たして彼らは極刑を免れたものだろうか。

 井上を子どもであるとするなら、彼らはずっと大人だった。彼らの罪の大きさは言うに及ばずとも、真摯に向き合う覚悟はできていたように思う。そこに「無期という生を与える選択」はあり得なかったのだろうか。

 実行役を牽引するのが現場指揮者というのであれば、背後からの強靭な力で前面に押し出す後方支援の強かさは、どう評価されるべきなのか。強固なあと押しがなければ、東京を舞台にした無差別同時多発テロは完遂しなかったはずだった。実行犯だって、存在しなかったかも知れない。

 果たして、井上は真摯に反省しているのだろうか。裁判所がいう「生を与える選択」とは、ようやく何かに気付いた子どもに、その猶予を与えるということのように聴こえた。だとしたら、本当に裁かれるのはこれからということになる。それでいいのだろうか。人格優秀と讃えられた実行役は、「師を誤った不幸」を背負っていかねばならないというのに。

 ぼくには、わからなかった。

 それでも井上は、さっきまで膝から崩れ落ちそうになった錯乱はどこへやら、裁判長の「わかりましたか」の一言に、「はい」と返事をして、「ありがとうございました」と深々と頭を下げてみせた。

原判決の破棄

 ところがこのあと、井上にはもっと悲惨な現実が待っていた。

 無期懲役の判決を不服として検察が控訴した東京高等裁判所の判決で、井上は死刑になってしまうのだった。

 控訴審判決では、原判決の事実認定に大きな誤りがあるとされた。すなわち、被告人はリムジン車内でも積極的に発言を行い、事件全体に積極的に関わっていったもので、その役割は後方支援、兵站役に留まるものではない、とするものだった。

「よって、原判決を破棄し、被告人を死刑に処する」

「死刑という生を奪われる選択」

 東京高裁による自判だった。

 そう宣告された時の井上は、証言台の前に立ち尽くしたままだった。現実を受け入れられるだけ大人になったのか、あるいは急転直下の出来事に茫然自失としていたのか。

 一度は「無期という生を与える選択」がとられ、崩れ落ちそうになるほどの歓喜を見た男が、今度は「死刑という生を奪われる選択」をされる。どちらも同じ司法の為す業だった。

 残酷だった。

 あの時の裁判所が認めてくれた酬いはどこへいってしまったのか。およそ師を誤るほどの不幸はないように、事実を見誤られる不幸も、またなかった。

 もっとも、そうした例でいうならば、光市母子殺害事件の被告人も同じだった。

 そういえば、どちらも被告人の稚拙さが裁判の争点になるものだった。

 稚拙さを主張するからには、きっと彼らが大人になって、事件と真摯に向きあえるようになった時に、はじめて刑が執行されることになるのだろう。反省には、考える時間も要る。一審の井上判決が示したように、裁かれるのはそれからでも遅くはないのかも知れない。一旦は生かされたあとから、死刑の宣告を受けた者に、悔悛の余地なんて残されるものだろうか。運命の不幸を詛う。

 ただ、この東京高裁の判決に限って言えば、正直なところ、それがもっとも自然な結論のように思えてしまったのも、事実だった。

(青沼 陽一郎/文春新書)

©iStock.com