イギリスの守護神として知られているカラスの1羽が行方不明に

イギリスの守護神として知られているカラスの1羽が行方不明に / ravenology1/Instagram

 イギリスロンドン塔には、古くからワタリガラスレイヴン)が常に6羽住んでいる。塔に住むこのカラスたちは、王国と要塞を守る大切な存在だと17世紀から伝えられてきた。

 ところが、そのうちの1羽がここ数週間行方不明になっているという。塔の広報担当者は、死んでしまった可能性もあるとしてSNSで伝えたところ、ついに国崩壊の危機が迫っているのか!?と、全英が震えているという。『Evening Standard』などが伝えている。 

―あわせて読みたい―

すごく賢こい。ワタリガラスは人間と同等の社会生活能力があることが判明(オーストリア研究)
ワタリガラスは感情を共有する。ネガティブな感情が他のカラスに伝染していくことが判明(国際研究)
飼い主の死後、人間不信となっていたペットのワタリガラスが、保護施設の男性と深い絆を育む(イギリス)
自分の心の中を振り返る。カラスには人間のような高度な認知能力があることが判明(ドイツ研究)
生後4か月のワタリガラスの認知能力は大人の類人猿に匹敵することが判明(ドイツ研究)

イギリスの守護神、ロンドン塔に住むカラスの伝説

 ロンドン塔のカラスにまつわる伝承は17世紀に遡る。

 当時、イギリスで腺ペストが大流行し多くの死者を出したことで、その死体をついばむカラスが大量に繁殖した。加えて同年代に起こったロンドン大火でもカラスの数が増えた。

 その時代、イングランド王だったチャールズ2世がカラスの駆除を検討したところ、とある王室付きの占い師に「カラスがいなくなればロンドン塔は崩壊しイギリスは滅びる」と助言された。

 そこでチャールズ2世は、「国と要塞を守るために、ロンドン塔には少なくとも6羽のカラスを置く」と決め、近衛兵にカラスの世話をさせるようになったという。

 以降、何百年もの間、ロンドン塔には常時6羽のカラスが住んでいる。

000_e


 長い歴史の間には、その数を下回ることもあったが、その都度数を6羽に保つよう補われ、2018年には塔で繁殖プログラムを開始し、現在は予備のカラスを含め7羽がロンドン塔に住んでいたようだ。

 そうした伝説のもと、ロンドン塔のワタリガラスは観光客にも非常に人気がある存在となってきたが、そんな中、そのうちの1羽が、去年から数週間行方不明になってしまったことが発表された。

塔で女王格だったカラスの“メリーナ”が行方不明に

 ロンドン塔は、1月13日SNSを介して、女王格だったメリーナというメスのレイヴンが、クリスマス前から数週間行方不明になっていることを明かした。


 塔の広報担当者によると、メリーナは2007年からロンドン塔に住んでいたという。時に、カラスたちは敷地外へ出ることがあっても、いつもはちゃんと塔に戻ってくるそうだ。

 以下の動画は2020年4月に公開された家に戻ってくるメリーナの姿を撮影したものだ。


まだ健在だったころのメリーRaven Merlina goes to bed

 また、風切羽の手入れがなされてあるため、ロンドン塔のカラスたちが遠くへ飛んで行ってしまうことはないと推測されている。

 こうしたことから、何週間も戻ってこないメリーナは、「もしかしたらもうどこかで死んでいる可能性がある」と、ロンドン塔はその悲しみをTwitterシェアした。

予備に1羽いるので国の崩壊の心配はなし

 ロンドン塔の護衛兵ヨーマン・ウォーダー(Yeoman Warder)の1人で、カラス飼育係レイヴンマスター」を務めるクリススカイフさんは、Instagramアカウントravenology1』で、ロンドン塔のカラスとの日常を投稿しており、メリーナの失踪にはとても心を痛めているという。


多くの皆さまがこのニュースに悲しんでいることでしょう。私も同様です。数日間、アカウントを更新できないかもしれませんが、お許しください。

 SNSでこのように悲しみを吐露したスカイフさん。

 メリーナがいなくなってしまったことで、6羽のルールが崩れ、国の崩壊を心配する声が多く上がったが、これに対しクリスさんはこう語った。

予備の1羽がいるので大丈夫です。今のところ国は安泰でしょう。今後メリーナの代わりのカラスを補填する予定はありません


 なお、野生のワタリガラスは平均寿命が10~15年と言われているが、ロンドン塔のカラスは40歳まで生きることで知られている。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52298404.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬の鳴き声で犬を起こそうとするオウム
深夜にジャンプ。猫のロビンさん、ランプの光で温まってまったりタイム
寒冷地仕様だから雪に強し!ロシアの猫、ジンジャーの日常
小犬に吠えられた犬、怖くなって立ち去ったかと思いきや最強の助っ人を連れてきた
寒い夜だから…愛犬にハグしてほしい!お望みならいつだって抱っこさせるぜ!なハスカミュート

―知るの紹介記事―

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河同士の衝突がわかる6枚の画像
人知を超えた超知能AIを制御することは不可能。ドイツの研究者が試算
世界最大種のシロナガスクジラ、お尻の穴はどれくらい大きいのだろう?
イギリスのロックダウンは厳しい。3つの郡を車で移動しマクドナルドへ出向いた女性に罰金
融解した南極の氷山が連鎖反応を引き起こし、地球を氷河期に突入させると科学者(英研究)
ロンドン塔に住むカラスの1羽が消息不明に、国が崩壊するというジンクスに全英が震える(イギリス)