グラビアを中心に活躍中のタレント高橋凛が、12月18日DVD「ベルを鳴らして」(エスデジタル)を発売。東京・ソフマップAKIBA 1号店 サブカルモバイル館でリリースイベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】スタイルが際立つジャケットカット

高橋自身15作目となる本作は、昨年9月頃、千葉で撮影された。高橋は「千葉の海でDVDの撮影をするのが初めてだったんですけど、すっごい海がきれいで、気分は海外みたいな感じでやらせていただきました(笑)

東京からも近いので、コンディション良く、ご飯もお魚料理がおいしくて、楽しく撮影ができました」と笑顔であいさつした。

爽やかな設定

「学生時代から付き合っている同級生…彼氏と一緒に旅行に行く、昔のことを振り返るという内容になってます。あまり最近はそういう設定がなくて、お仕事をしてたり先輩とか家庭教師とかしてたりそういう設定が多かったので。

今回はみんなに同じ目線で、同じくらいの年の恋愛対象として見てもらえたらいいかなというストーリーになってます。デビューしたてのような(笑)爽やかな設定になってます」と、全体的な展開を紹介した。

一番のお気に入りのシーンについて「ジャケットになっているピンクビキニです、旅行先に『着いた~』と言って、彼氏とイチャイチャするシーンが一番好きなんです。

爽やかな感じがして、朝ベッドシーンノーブラタンクも…もう、全部好きですね(笑)。全部すてきに撮っていただいて、全部がイチ押しポイントです。特にオススメはジャケットシーンです」と、その出来に胸を張っていた。

インタビュー取材に応じたグラビアアイドル高橋凛/高橋凛DVD「ベルを鳴らして」(エスデジタル)取材会より