上半身を鍛えるのに効果的なトレーニングといえば腕立て伏せだが、正しい姿勢で、呼吸を整えながら、リズムよく行うことは意外に難しい。このたびイギリスダックスフント腕立て伏せに挑戦し、話題となっている。『ITV News Tyne Tees』などが伝えた。

英タイン・アンド・ウィアのゲーツヘッドに暮らすジル・デイビーさん(jill davie、51)が今月12日、Twitterに投稿した動画に注目が集まっている。

動画に登場するのは、ジルさんの息子ジェイクさん(Jake、15)とダックスフントの“ペルノ(Pernod)”で、ロックダウン中の腕立て伏せの様子が収められていた。

動画ではまず、両手を床に付き腕立て伏せポーズをしたジェイクさんとその隣で緊張気味にカメラを見つめるペルノが映し出され、ほぼ同時に腕立て伏せを開始する。

ジェイクさんが体を床に平行になるまで降ろすことを繰り返す一方で、ペルノジェイクさんの約4倍の速さで前足を同時に動かす。それは足を交互に掻いてバタ足をする犬かきとは違い、まるで両足で穴を掘っているかのようでペルノが夢中になっているのが見て取れる。

ジルさんによると、ペルノは約4か月前にペットとして迎えた6歳のメスで、ジェイクさんとエクササイズをすることを日課にしているそうだ。

ジルさんは「ペルノ腕立て伏せが大好きなんですよ。カーペットがボロボロになったり、ペルノが疲れ切ったりしないように、いつもほどほどのところでストップをかけています」と明かすと、こう続けた。

「私が初めてペルノ腕立て伏せを見た時は、可笑しくて笑いが止まりませんでした。後ろ足をしっかり踏ん張って前足だけを動かす姿は、ジェイクを真似しているように見えますよね。私はメンタルヘルス看護師をしているので、ペルノにはとても癒されているのです。ジェイクはペルノに負けじと腕立て伏せを頑張るし、ペルノにとってもいい運動になっているようですよ。」

ちなみにドイツ原産のダックスフントは、もともとはアナグマ猟で使われていた猟犬で、短い足を使って狭い巣穴にもぐりこみ、アナグマを追い立てる役割を担っていたという。胴長短足で顔は面長、垂れ耳という現在の体型が出来上がったのも納得がいくというもので、ペルノ腕立て伏せの原点もここにあるのかもしれない。

画像は『jill davie 2021年1月12日TwitterTraining during lockdown」』『Metro 2021年1月13日付「Sausage dog loves to do press-ups alongside her owner」(Picture: North NewsPictures Ltd)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト