今や283万人の在留外国人が暮らす日本。コロナ禍で多くの人々が困窮するなか、外国人が置かれた環境は、さらに過酷なものだった。仕事もできず、帰国もできない…そんな彼らの極貧生活に迫る。今回取材したファンさん(仮名・29歳)は、’18年にベトナムから来日。いじめや暴力の横行する実習先から逃げ出し、いくつかの仕事を転々とするも、借金がかさみ困っていると話す。

◆劣悪な実習先から逃亡。借金はかさみ……

「来日時には100万円弱だった借金が、250万円に膨らみました。今は就労も禁止されているので、正直八方ふさがりです……」

 そう伏し目がちに語るのは、’18年に技能実習生としてベトナムから来日したファンさん(仮名・29歳)。昨年9月に不法滞在者として逮捕され、現在は支援団体に保護されている身だ。

「建築を学ぶのもそうですが、家族のためにお金を稼ぎたいので技能実習生に応募した。寮も入れるし、月15万円は稼げると聞いたので。ベトナムの平均月収は2万~3万円。それに比べれば破格です」

 送り出し機関に支払うための管理料75万円や諸々の渡航費は銀行から借りた。生活を切り詰めれば1年半で返せる計算だった。

「ところが、実習先に行くと、働けるのは週3~4日のみ。収入は月10万円弱でした。寮の部屋も狭く、そこに大の男4人での寿司詰め状態というありさまです」

◆横行する暴力といじめ

 話が違うと思い落胆したファンさんだったが、一番衝撃だったのは暴力といじめの横行だった。

「作業や返事が遅いと社長から鉄の棒で叩かれるんです。特にある日本人の先輩は、ヘルメットに“下僕”と貼られるなど酷い扱いを受けていました。僕も社長に促されて彼の髪を男性器の模様にそるといういじめに加担させられました」

 いじめの矛先が自分に向く不安を感じたファンさんは、こうした現場の写真や動画を撮影した。

「この悲惨な状況を監理団体(技能実習生や受け入れ企業をサポートする日本国内の非営利団体)や同じ実習生に知ってほしかった。しかし、それを担当者に見せ、実習先を替えたいと訴えても動いてもらえせんでした。働き始めて3週間で、同じ実習先にいた友人が帰国しました。相当怖かったのでしょう。本当は僕も逃げ出したかったですが、今帰っても借金を返せないと思い踏みとどまりました」

 ファンさんが社内でのいじめを訴えるために撮影した動画の一部には、日本人の先輩が社長に首輪を付けられ、犬歩きを強制されている姿が映っている。その後、ベトナムコミュニティ内においてこの動画が「実習生への虐待」という間違った形で拡散。日本国内でも物議を醸したが、これが実習生でないとわかると話題は収束してしまったという。

◆友人宅に1週間ほど滞在したところ“失踪”扱いに

 しかし、ファンさんは働き始めて半年ほどの’19年1月に“失踪”することになる。

名古屋の友人宅に1週間ほど滞在していたら、突然、監理団体から電話がかかってきて、“あなたは失踪届を出された”と言われました。社長には行き先や帰る日を伝えてなかったので、逃げたと思われたのでしょう」

 失踪扱いになれば、在留資格も更新できなくなり、いずれは不法滞在扱いになる。だが、実習先に嫌気がさしていたファンさんは監理団体に“もう戻らない”と連絡した。

「それからフェイスブックベトナムコミュニティで見つけた横浜の解体現場で不法就労しました。住む場所は仲介者があてがってくれるんです。4月からは栃木で足場の仕事をしましたが、多いときでも稼ぎは月17万円。失踪者には、SNSなどで誘われて手っ取り早く稼げる賭博や犯罪に走る人もいますが、自分もそそのかされたら手を出していたかもしれません」

◆福岡で拘留されるがコロナ禍のため仮放免

 不法就労ながらも仕事が安定したファンさんだったが、コロナ禍の影響もあり、次第に仕事が減少。’20年8月にはついに栃木での仕事がなくなってしまう。

「9月からは熊本で太陽光パネルを設置する仕事を見つけました。これもきつい仕事でしたが、最初の実習先に比べれば楽でしたね」

 しかし、友人の車に同乗した際、シートベルトをしていなかったことから警察に逮捕されてしまう。

「在留資格の期限はとっくに切れていたので福岡の入管に収容されました。でも、コロナ禍で“密”になるのを防ぐためか3日で仮放免(一時的に収容を解かれる状態)されました」

 見知らぬ土地に放り出されたファンさんは、支援団体にSNSで救援のメッセージを送付した。

「送ったところで電源が切れてしまい、その夜は近くの公園で寝ました。10月だったので、夜は寒さで震えて過ごしましたよ」

◆保護されて衣食住は確保されたが、自由に使えるお金は一切なし

 翌日、パチンコ店で充電器を借りて連絡をし、無事に保護された。

「仮放免は就労許可がなく、稼ぐ術がありません。保護されて衣食住は確保されましたが、自由に使えるお金は一切ないんです。この年末年始も、ひたすら不安のなかで過ごしました。

 今は本国にいる家族への仕送りも滞り、妻から“娘の病気でお金が必要だ”と連絡が来たら、友人からお金を借りて送っています。ベトナムで今の借金を返そうと思うと、夫婦で必死に働いても少なくとも5年はかかる。それに、借金がある身で帰ると周囲から後ろ指をさされるんです。何とか日本で働けるよう、在留資格を再取得するための相談を支援団体と続けています」

 法務省によれば、日本にいる“失踪者数”は昨年7月時点で1万2000人超。その数は今も増え続けている。

コロナ禍で不当解雇が横行。困窮する在留外国人たち

コロナ禍以前から、いわゆる“出稼ぎ”や“技能実習生”として日本で働く外国人の労働条件や賃金は劣悪でした。しかし、コロナ禍で状況はさらに悪化。日本全体で仕事が減少したことで、外国人労働者の不当解雇が横行しています」

 そう語るのは在留外国人の労働問題に詳しいNPO法人POSSE代表の今野晴貴氏だ。

「技能実習生のなかには雇用主から脅迫まがいの自主退職を迫られたり、空港に無理やり置いていかれたりするケースも。彼ら自身、多額の借金を背負って来日しており、帰国のための資金もない。そもそも、現在はコロナ禍で入国制限をしている国もあり、帰りたくても帰れない場合もあるわけです。

 政府も慌てて解雇された実習生に転職を認める制度を解禁しましたが、コロナ禍で転職先が簡単に見つかるはずもありません、国による研修制度なのに、解雇して放置なのはあまりに無責任です。また、留学生の場合、もともと就労は週28時間以内といった制限が設けられていましたが、コロナ不況で解雇され、その28時間すら働けないという学生も。学費が払えずに困窮している留学生が増えている状態です」

 ほかにも、コロナ禍で“密”を避けるために、入管収容施設から一時的に解放された“仮放免”状態の外国人増加も大きな問題になっている。

「仮放免中は就労を禁止されているため、彼らも多くは生活に困窮しています。身寄りがないため支援団体に保護される人もいますが、支援はまったく十分ではない。そのため、不法就労に従事せざるを得ない人も少なくありません。悲惨な状況に陥っている外国人が確実に増えています」

 就労も帰国もままならず、ただ路頭に迷う外国人たち。彼らへの早急な救済策が望まれる。

【今野晴貴氏】
NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。年間3000件超の労働や生活相談に関わり、技能実習生や難民など、外国人の相談にも対応。

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!1月19日発売号の特集「[緊急ルポ]在留外国人の極貧生活」より

―[[緊急ルポ]在留外国人の極貧生活]―


発展が続くベトナムでは物価が高騰中だという。「本当なら仕送りの金額も増やす必要があるのですが、今は自分の生活すらままなりません」