お笑いコンビアインシュタインの稲田直樹(36歳)が、1月18日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送)に出演。ファーストキスについて語った。

この日、“芸人界のハートイケメン”の一人として、同番組恒例の恋愛企画に登場した稲田。明石家さんま(65歳)からファーストキスについて聞かれた稲田は「小3です」と回答。同じく“芸人界のハートイケメン”として出演した安田大サーカスクロちゃんから「はやっ!」と声が漏れる。

さんまは「ゲームとかのアレで、囃し立てられてやろ?」と詳細をたずねると、稲田は「ハプニングですね。プリントを、後ろに(小3のクラスメイトの)西井さんが座ってて。僕がプリント配ろうとしたときに、西井さんが取ろうとして(前のめりになってた)。それで(後ろを振り向いた稲田と)お互いが近づいて“チュッ”」と状況を語った。

これにさんまは「それはぶつかった、言うやつやろ?」とファーストキスではないのでは?との疑問を呈するが、稲田は「いや、でも口と口なんですべてキスですよ。口と口が重なるのはキス」と言い切った。