今回紹介したいのは、Akiyuki(レゴ)さんが投稿した『【LEGO】レゴのロボットアームで玉を運んでみた』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

ロボットアームを使ったGBCモジュール(玉運び装置)を作りました。


 ロボットアームを使ったGBCモジュール(玉運び装置)をレゴで作り上げた投稿者のAkiyuki(レゴ)さん。その動作は2種類で構成されています。

 まずは黄色いバーを持ちあげてボールをコンテナに投入する動作。

 そしてボールが入ったコンテナをつかんで運ぶ動作です。運び方としては非効率ながら、ロボットの動きに変化を付けたかったのでこの動きにしたとのこと。

 ボールが流れ落ちてゆく様子も見ていて楽しいです。

 このロボットは関節が6個あり、6自由度で手先を自由な位置や姿勢に持っていくことができます。一般的な産業用の6軸垂直多関節ロボットと同じ形です。

 精密な動きが見事ですね。

 このロボットはほぼレゴの純正部品で作られていますが、唯一モーターの配線ケーブルのみサードパーティー製となっています。純正に長いケーブルが無かったそうです。

 作品の詳細に興味を持たれた方はぜひ動画をご覧ください。グネグネとロボットアームが動く様子は産業用ロボットそのもので、見とれてしまいます。

視聴者コメント

・野生のファナック
・動きが工業用ロボット
・良きグネグネ感
・かっこいい
・黄色バーからコンテナに行くときの手首の振り回し方がダイナミック素晴らしい
・これが機能美ってやつか…
・なんか癒された

▼動画はこちらから視聴できます

【LEGO】レゴのロボットアームで玉を運んでみた

―あわせて読みたい―

レゴで全長68メートルのジェットコースターを作ってみた! 家中に張り巡らせれたコースに「ながーい」「お家紹介になってるw」の声

レゴで「SF風エレベーター格納庫」を作ってみた…扉が開くにつれ戦闘機がせり上がって来る様子に「うわぁ好き」「ものすごくそれっぽい」の声