「絵を描くことは、自分らしくいられる時間」という声も

「絵を描くことは、自分らしくいられる時間」という声も

Casieは1月19日「コロナ禍における全国の画家の現状」に関する調査結果を発表した。調査は1月上旬にネット上で実施し、画家452人から回答を得た。

新型コロナウイルスの影響で「画家としての収入が減った」と回答したのは25.5%だった。

「いま私達には描く責務がある」「人に直接会っての営業活動ができなくなった」

回答者からは、

リアルでの個展が開催できなくなった」
「人に直接会っての営業活動ができなくなった」

といった声が寄せられた。一方で「増えた」と回答したのは18.1%だった。

「画家以外の収入源がある」と回答したのは90.1%。今後の活動について、7割の画家が「兼業など収入源を他に確保しながら創作活動を続ける」(73.5%)と答えた。

また「画家としての活動に専念し、続ける」(15.7%)という人も一定数いる。具体的には、

「産後5か月。絵を描くことは、自分らしくいられる時間」
「いま私達には描く責務がある」

といった意見が寄せられた。

一方、少数ながら「創作活動を続けたいが諦める方向も視野に考えている」(3.5%)という声もみられた。

画家の4人に1人が「コロナで収入が減った」 それでも7割は「兼業をしながら創作を続ける」と回答