【この記事の動画を見る】

手に掴んだものを何でも口に入れて確かめようとする赤ちゃんは「まさかこんなもので?」というようなものが窒息の原因になる。このほどベビーベッドに置かれた毛布で窒息寸前となった赤ちゃんの映像が『The Sun』『7NEWS.com.au』などで紹介され、注目を集めた。

生後4か月頃までの赤ちゃんの事故死で、一番多いのが窒息と言われる。そんななか昨年9月、乳幼児突然死症候群SIDS)に対する社会的関心を喚起し生後12か月未満の赤ちゃんが安心して眠れるように教育動画を提供する「Safe Sleep ABC」が、TikTokに投稿した動画が拡散している。

動画は実際に起こった映像で、べビーベッドに大の字になって寝ている赤ちゃんは人形ではなく本物だ。

動画では赤ちゃんが眠れないのか、目をパッチリと開けているのが見て取れる。顔のすぐ横にはブランケットが置かれており、赤ちゃんは右手でそれを掴むと顔の近くに引き寄せる。すると赤ちゃんの顔はブランケットで覆われ、引きはがすことができずに手足をバタバタさせてもがき始める。

動画には「赤ちゃんが眠る場所には、何も置かないで」と警告文が表示され、「幸いなことに、赤ちゃんの両親は大事に至る前に気付いた」と窒息寸前で赤ちゃんが救出されたことが伝えられた。

この動画は日本時間の今月19日までに再生回数が220万回を超えており、「これは怖い」「助かって良かった」「見ているだけで、ゾッとする」「ブランケットだけでなく、小さいおもちゃも気をつけなくちゃね」「うちの子も同じようにブランケットで顔を覆われていたことがあってヒヤリとした」といったコメントがあがった。

専門家によると、窒息が起こると3~4分で顔色が変わり、5~6分で呼吸が停止して意識を失い、15分を過ぎると脳死状態に陥るケースがほとんだそうで、「Safe Sleep ABC」では赤ちゃんの手の届くところには物を置かないこと、ベビーベッドに一人で寝せること、必ず仰向けであることを確認することを勧めている。ちなみにベッドマットは固めで、シーツに緩みがないようにすることが大切という。

画像は『The Sun 2020年1月18日付「SILENT KILLER Terrifying moment baby gets tangled in comfort blanket shows why you should NEVER put anything in a cot with your child」(Credit: @safesleepabc/TikTok)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト